Photo by iStock
医療・健康・食 ライフ 週刊現代

奇跡の物質「スペルミジン」を増やすには、納豆が効果的

若々しい体を目指す!

世界が注目する食品

「ヨーグルト、味噌など多くの発酵食品にスペルミジンが含まれていますが、特に納豆はすごい。その含有量は、白味噌の4倍、醤油の4~5倍とも言われています。

納豆には、ほかにもアルツハイマーの予防になるとされるナットウキナーゼなど有効成分が多く含まれている。非常にオススメの食品です」

白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二氏がこう語るとおり、スペルミジンを増やしたいなら、とにかく納豆が効果的だ。

 

海外の研究でも、納豆を摂取することでスペルミジンの量が増えることが明らかになっている。

『オートファジー』という学術雑誌には、スペルミジンと記憶力の関係についての研究結果が発表されているが、その中でも、「日本の伝統食の納豆」を日々食べ続けることで、体内のスペルミジン(ポリアミン)の量が増えると紹介されている。

テキサスA&M大学のルユアン・リュウ博士も、「スペルミジンが、発酵食品の納豆に含まれていることはよく知られています。納豆を筆頭に、スペルミジンは、摂取が簡単なのが、すばらしいと思います」と語る。

納豆は、まさしく世界中の研究者が注目する「健康長寿」のための食品と言える。

納豆を食べる時には、その「種類」も重要になる。管理栄養士の麻生れいみ氏が解説する。

「東京都健康安全研究センターの発表によると、同じ納豆でも、普通の納豆は1gにつきスペルミジンが56.1マイクログラム、ひきわり納豆は75.2マイクログラム含まれています。ひきわり納豆のほうが発酵する表面積が広いため、スペルミジンが多く含まれるのです」

第1部でもふれた蟹江美根代さん(93歳)の食生活はどうか。名古屋市にある自宅を訪ねた時、蟹江さんは500ピースのパズルをつくっている最中だった。最近では英語の勉強も始めたという。快活に笑う姿は元気そのものだ。

自身の食生活について蟹江さんが語る。

「3年前に腸の手術をしてから、豆の皮を消化できないというんで、いまは食べていませんが、それまでは毎朝必ず、欠かさずに納豆を食べていました。大豆の煮物もよく食べてたね。

味噌汁はいまも毎朝飲みます。味噌汁飲まないと、朝が来た気になりませんね。具は、玉ネギ、豆腐、揚げ玉、生卵を入れる。それから、白ごはん、ジャガイモのサラダ、キュウリの醤油漬け、そして梅干しひと粒ね」

この食事は専門家の目にはどう映るのか。前出の松本氏が、蟹江さんの食生活を解説する。

「味噌も大豆を発酵させた食品で、ポリアミンをたくさん含んでいます。これが、蟹江さんが元気で過ごしているひとつの要因かもしれません。

さらに、蟹江さんは同年代の方に比べて、かなりたくさんの肉を食べているそうです。肉類には、ポリアミンを腸内で合成しやすくする際に必要な物質『アルギニン』がたっぷり含まれています。肉をよく摂っていることも、スペルミジンが多かったことに関係しているかもしれない」