Photo by iStock
医療・健康・食 ライフ 週刊現代

奇跡の腸内物質「スペルミジン」で長生き、そして認知症も防げる

マウス実験では寿命が25%も延びた

元気に長生きしている人の体の中を調べてみたら、この物質がたくさん見つかった・動脈硬化、認知症予防の効果もあるらしい。続々と論文が書かれ、競うように研究が進む。謎の物質の正体とは。

遺伝学者も驚いた

アメリカ・テキサス州のカレッジステーションにあるテキサスA&M大学。19世紀に開学した、同州で最も古く由緒正しい学校だ。

クラシカルな建物が並ぶキャンパスの一角に、真新しい設備が集約された施設がある。中に入ると、いくつかの研究室が連なり、どの部屋にも顕微鏡がずらりと並んでいる。

今年の春、この中のひとつのラボで、あるチームが実験を行い、その驚くべき結果がアメリカの学術誌『キャンサーリサーチ』に掲載された。チームの一員だったルユアン・リュウ博士は、がんの予防などについて多数の論文を発表している遺伝学者だ。

リュウ博士が、この春の興奮を振り返る。

「実験の結果を見た時、研究チームのメンバーたちは歓声を上げ、手を叩き合って喜びました。なんといっても、生物に宿命づけられた『老化』を遅らせるための有力な手掛かりが見つかったのですから」

同大学のチームが示した結果は衝撃的だった。鍵となったのは、「スペルミジン」という物質だ。

詳細については後述するが、結論を先に言えば、実験用のマウスにこのスペルミジンを投与することによって、なんと約25%も寿命が延びることがわかったのである。

「にわかには信じがたいかもしれませんが、これは、人間に換算すると、80歳まで生きていた人の寿命が、100歳に延びるということです。現段階の我々の研究では、マウスに限った話ですが、人間にも効果がある可能性は高い。

いま、アメリカ国立老化研究所は、老化防止のために摂取カロリーを減らすことなどいくつかの重要な項目を挙げていますが、スペルミジンの摂取は、それに匹敵する要素となることも考えられます」(リュウ博士)

身近な食品にも含まれるこのスペルミジンという物質は、細胞や血管などに影響を与え、老化を防ぐ力を秘めているとして、いま注目を集めている。それだけではない。さらに、認知症を防ぐ効果があるとも考えられている。

「健康長寿」の切り札とも言えるこの物質の存在は、少なくとも20世紀はじめ頃から確認されていた。精液を構成する物質として知られ、その名称も精液=spermaに由来している。

Photo by iStock

だが、近年になって、健康長寿効果を示す研究が次々と発表されてきた。いったい、どんな物質なのか。

日本にも、スペルミジンの研究を進めている人物がいる。乳製品メーカー「協同乳業」の研究所に所属する松本光晴氏である。本誌は、松本氏が研究を行う、東京都西多摩郡にある研究所へ向かった。

ーースペルミジンは、どんな物質なのですか?

「少しややこしいのですが、スペルミジンは、『スペルミン』や『プトレッシン』などとともに、『ポリアミン』と呼ばれる物質のひとつとして知られています。これらポリアミンは、すべての生物の細胞の中に存在している。

細胞分裂を助け、細胞の状態を正常に保つ働きを持つ重要な物質です。

このポリアミン、もちろん人間の細胞にも、生まれた時から存在し、その後も細胞内でつくられているのですが、年を取るにつれて、その量が減っていくことがわかっています。

だから我々は、ポリアミンを合成する(つくる)能力が衰えることが、老化のスタートなのではないかと考えているのです。一方で、ポリアミンを多く含む食品を食べたり、腸内細菌にポリアミンをつくらせたりすることで、補充することもできます。

スペルミジンは、ポリアミンの中でも特に研究が進んでいます。近年、世界中で多く長寿化に関する研究成果が出てきており、注目が集まっているのです」

つまり、スペルミジン(ポリアミン)が減ると老化が進む、増えると老化が緩やかになるということ。人間の老化の根本には、スペルミジンが関わっているのである。

健康長寿で知られる人物の腸内を調べると、スペルミジンがたくさん見つかるケースが少なくない。

 

細胞がきれいになる

松本氏は、今年8月に放映された健康番組で、「きんは100歳、ぎんも100歳」で知られた、ぎんさんの五女・蟹江美根代さんの便を調べる機会があった。

「蟹江さんは現在93歳ですが、いまも自転車に乗って買い物に出かける非常に元気な方です。この方の便中に含まれるスペルミジンは、平均のおよそ2倍もあったのです。驚きました」(松本氏)