Photo by iStock
人口・少子高齢化 医療・健康・食 ライフ

日本人の深刻すぎる「セックスレス」をデータで検証する

これでは子供が増えるわけがない

日本人は「セックス離れ」しているーーなんとなく、日々そう感じている人は少なくないが、裏付けとなると難しい。だが日本の不妊治療のスペシャリストで、慶應大学名誉教授・内閣官房参与(少子化対策・子育て支援担当)の吉村泰典氏によれば、さまざまなデータから「本当に」セックス離れが進んでいることが読み取れるという。

「当たり前のこと」を忘れている

現在、日本が未曾有の人口減少・高齢化社会へと突き進んでいることは、今さら改めて説明するまでもないでしょう。

合計特殊出生率、つまりひとりの女性が生涯に産む子供の数は、2005年に1.26となりました。この時は、役人やわれわれ産婦人科関係者の間では「1.26ショック」と言われたものです。

その後、出生率は1.44(2016年)まで回復したものの、出生数そのものは毎年「史上最低」を更新しています。事実、昨年度は1899年の調査開始以来、初めて新生児の数が100万人を割りこみました

 

日本の人口を増やすには、合計特殊出生率を2.07まで引き上げなければならないことが明らかになっています。これはごく簡単に言えば、「すべての女性が2人以上の子供を産まなければならない」ということですから、簡単な目標でないことは容易にわかります。

あまりにも当たり前のことですが、子供が生まれる前には必ず(不妊治療による人工授精・体外受精などを除いて)男女の性交渉、つまりセックスが必要です。しかし今、日本人はこの「当たり前のこと」を忘れつつあるようにさえ思えます。

これから示すさまざまな統計データは、30代まで含めた若い世代の性行動の変化、いわゆる「セックス離れ」が深刻な状況に達していることを示唆するものばかりです。

不都合な真実

まず、下の2つのグラフをご覧ください。

最初のものは、代表的な性感染症であるクラミジアの感染者数の推移を示す統計です。男性・女性ともに、43766人の感染者がいた2002年以降、ほぼ一貫して減り続けていることがわかります。昨年の感染者数は24396人と、2002年の半分近くまで減っています。

もうひとつは、人工妊娠中絶数の統計です。同じ時期の中絶件数は、2001年から減少の一途をたどっていることがわかります。2014年の件数は、やはり2000年前後と比べて半数近い18万1905件でした。

これら2つのグラフの変化のしかたを見比べてみると、形がほとんど一致することがわかります。

もちろん性感染症も、人工妊娠中絶も、減っていること自体は悪いことではありません。事実、性教育関係者の間では、これらの結果を「避妊やコンドームの使用に関する教育がうまくいっている証拠だ」と評価する声すらあります。

しかし、コンドームの出荷数は近年、激減しています。厚生労働省が発表している薬事工業生産動態統計のデータによれば、2000年には341万8000グロス(注・1グロスは144個)が1年間に出荷されましたが、2011年には199万9000グロスと、実に4割も減っているのです。

これらのデータを総合すると、「避妊や性感染症予防の意識が向上した」などというポジティブな見方は、詭弁にすぎないと言わざるを得ません。今の若者は避妊を徹底しているというわけではなく、単に「セックスをしていない」のではないかーーこうした結論のほうが現実的な認識といえるでしょう。