〔PHOTO〕iStock
メディア・マスコミ 不正・事件・犯罪 ライフ

不倫には厳しいのに、暴力は許す「この国の大人の恥ずべき感覚」

山尾志桜里と日野皓正のあいだ

日本も世界も不倫ブーム?

不倫疑惑報道が元で、民進党の山尾志桜里議員が離党した。週刊誌報道をきっかけにして、ワイドショーでは連日のように長い時間を取って取り上げている。

また、7日夜の離党会見は、一方的に原稿を読み上げて「男女の仲」を否定しただけで、質問をまったく受け付けないというスタイルに批判が集中している。

一言で言うと、この会見は最悪だった。おそらく逆効果となるだろう。騒動は沈静化するどころか、今後ますます「真相」を暴露するための過熱報道に油を注いだ格好となるのではないだろうか。

さらに、想定される最悪の結果として、既に息も絶え絶えである民進党の息の根を止めるような結果に結びつくかもしれない。

思えば、昨年初めのベッキーの「ゲス不倫」以降だろうか、タレント、政治家などの不倫報道がワイドショーやニュースを連日のように賑わせており、もはや食傷気味である。

朝日新聞デジタルによれば、民放が不倫報道にどれだけ時間を割いたかを調べたところ、2014年、2015年は、20時間程度であったにもかかわらず、2016年には170時間を超え、今年は既に120時間に達しているという。

 

このような騒動を見て、嘆かわしい世の中だと嘆息する人もいるだろうし、「不倫がブームになっている」ととらえる人もいるだろう。

一方、週刊誌が売り上げを伸ばし、ワイドショーが視聴率を稼ぐための恰好のネタとして、次々と「獲物」を見つけては血祭りに上げているに過ぎないようにも見える。

ニュースになるのは有名人ばかりだが、一般の人々の間でも不倫は盛んであるようだ。確かに不倫ブームなのかもしれない。

カナダ発の既婚者向け出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」は、「人生一度は不倫をしましょう」というキャッチフレーズで注目を集めたが、会員数は世界30ヵ国、2,200万にも上るという。2015年には登録者の個人情報が漏洩する事件があり、アメリカでは多くの政府、軍関係者などが会員であることが発覚したという。

わが国の場合、同サイトによれば、開設以来会員数が10万人を超えたのは、日本が一番早かったという。現在は数十万人の会員がいるとされている。もちろん、「主催者側発表」であるし、多くの「サクラ」もいるであろうから、真偽のほどはわからない。

また、不倫ドラマ『昼顔』のヒットに続き、2016年から今年にかけて、『あなたのことはそれほど』『屋根裏の恋人』『奪い愛、冬』など、不倫をテーマにしたドラマが続々と作られた。主人公に自分を重ねて禁断の愛を追体験するのが好きな人々がたくさんいるということなのだろうか。