〔PHOTO〕gettyimages
政治政策 選挙 ドイツ

4年に一度の「ドイツ総選挙」がまったく盛り上がらない理由

国民の希望は変化よりも「継続」だった

メルケルとシュルツの一騎打ち

ドイツの連邦議会の総選挙があと2週間あまりに迫った。ドイツの法律では、議会は簡単には解散されない仕組みとなっているので、国政選挙は、よほどのことがない限り4年に一度しか巡ってこない。連邦参議院のほうは各州の代表の集まりなので、全国一斉選挙はなしだ。

今回の投票日は9月24日。CDU(キリスト教民主同盟)のアンゲラ・メルケル現首相と、SPD(ドイツ社民党)のマーティン・シュルツ党首の戦いだが、何と言っても4選を目指すメルケル氏が強すぎる。かつての二大国民政党であったCDUとSPDは、昨今、共に支持率が低下しているが、とくにSPDの没落が激しく、選挙戦は盛り上がりに欠ける。

そのメルケル氏とシュルツ氏が一騎打ちをするテレビ討論が、9月3日、日曜日の夜に行われた。4つのテレビ局が同時中継し、視聴率45%、視聴者1611万人(ドイツの人口は8000万人弱)。選挙戦のハイライトだ。計97分のその全編は、ネットでいつでも見ることができる。

連立二党による闘い

さて、テレビ討論の中身を書く前に、日本の読者のために少し復習。

・ドイツは戦後、CDUとSPDが交互に政権を担ってきた ⇒ CDUは保守で、SPDは革新
・1982年~1998年 4期16年間のコール政権(CDU)
・1998年~2005年 シュレーダー政権(SPD)
・2005年~2017年 メルケル政権(CDU)⇒ 現在3期目でSPDとの大連立 ⇒ つまり、目下の選挙戦では、連立二党が、次期政権を巡って戦っている

 

シュルツ氏は1955年生まれ。今年の1月末、SPDの党大会で党首に選ばれた。それまでは20年以上ずっとEUで活動してきた政治家で、ドイツの国政に携わった経験はない。だから、つい最近まで、シュルツ氏のことを知るドイツ人はそれほど多くはいなかった。

そのシュルツ氏が党首になった途端、貧富の格差解消を目玉に選挙モードに突入。激しいCDU攻撃が奏して、SPDは突然、息を吹き替えした。

シュルツ候補の特徴は攻撃的なスピーチだ。拳を振り上げ、怒鳴り続ける演説は、私にとっては違和感があり過ぎだが、ドイツ人は結構これが好きらしい。

そのせいか2月初旬には、SPDは早くも支持率でCDUを越え、「メルケルとシュルツ、どちらを首相にしたいか?」というアンケートでは、なんと、シュルツ氏がメルケル氏を追い抜いた。「シュルツ効果」という言葉まで飛び交った。

ところが不可解なことに、シュルツ効果は1ヵ月で弾けて、それ以後はすべてが元に戻った。そして、SPDはその不人気を回復できないまま夏を越し、今回のテレビ討論に臨んだのだった。