Photo by GettyImages
週刊現代 韓国 北朝鮮

米朝衝突「その時」韓国はこれだけの被害を被る

2万4000発以上もの砲弾が...

2万発以上の砲弾が降り注ぐ

韓国は、米朝開戦時の被害をどのように見積もっているのか。

韓国政府の朝鮮人民軍分析は、韓国軍や国家情報院、統一部などが取った情報、脱北者の証言、それにアメリカから提供された情報などに基づいて行っている。

本誌が入手した韓国政府の内部情報によれば、38度線の北側では、射程距離54kmで1分間に2発撃てる170mm自走砲550門余りと、同60kmで1分間に40発撃てる240mm放射砲440門余りが、ソウル首都圏に狙いを定めているとしている。

これらを合わせると、開戦時には、1時間あたり2万4000発以上もの砲弾が、それぞれの弾を発射後3分30秒でソウルに降り注ぐことになるという。

そうなれば、一般のビルやマンションばかりか、首都圏のガス管、ガソリンスタンド、電気通信施設なども根こそぎ破壊され、まさに1000万首都が火の海になると、韓国政府は分析しているのである。

その場合の死傷者は、一体どのくらいになるのか?

「1994年の第一次北朝鮮危機の際、アメリカ軍がクリントン政権に提出した評価見積もりによれば、開戦24時間以内に、ソウル首都圏で約150万人が死傷するとしています。

この見積もりは当時の金泳三政権に衝撃を与え、韓国政府は絶対に北朝鮮を空爆せぬよう、クリントン政権を説得しました。

その後、2004年に韓国の合同参謀本部が作成した『南北軍事力評価研究』では、開戦後24時間以内の韓国側の死傷者は、230万人と見積もっていることが判明。これはあくまでも、通常兵器による被害です」(ソウル在住ジャーナリスト・金敬哲氏)