北朝鮮

朝鮮労働党幹部が明かした「先制攻撃」と「和平協定」の可能性

「必要がないものなら、捨てることも」

日に日に緊張が高まる北朝鮮情勢。アメリカをはじめ、世界各国の反応は即座に報じられるが、北朝鮮の本音や狙いはヴェールに包まれている。

そんな中、本日発売の『週刊現代』9月16日号で、平壌の朝鮮労働党幹部のインタビューが掲載されている。インタビュアーはこれまで何度も北朝鮮のスクープ情報を報じ、労働党幹部への取材も行ってきた近藤大介記者。ここに、その幹部との一問一答の一部を公開する。

日本はもちろん標的である

――この夏、「火星12型」(中距離弾道ミサイル)、「火星14型」(ICBM=大陸間弾道ミサイル)など、北朝鮮はなぜ頻繁にミサイル実験を繰り返すのか?それらは本当に日本へ向けたものなのか?

「わが国が見据えているのは、アメリカだけだ。わが国の目的は、1953年に朝鮮戦争の休戦協定を結んで以降、64年間にわたって続いている戦争状態を終結させるべく、アメリカと平和協定を締結することだからだ。

だがアメリカは、わが国のほうを振り向かず、一向に敵対視政策を止めない。アメリカがわが国と対等に向き合ってくるためには、ワシントンまで届く核弾頭を搭載したICBMを実戦配備するしかないのだ」

 

――核弾頭を搭載したICBMを実戦配備すれば、アメリカは北朝鮮に平和協定を求めてくるのか?トランプ政権は、逆に北朝鮮を攻撃しようとするのではないか?

「そんなことはない。将軍様(故・金正日総書記)は『アメリカは、こちらが強硬に出ないと振り向かない。そして核とミサイルを手放した時に襲ってくる』という遺訓をのこされた。現在の元帥様(金正恩委員長)も、まったく同様に考えておられる。

実際、この夏にわが国がミサイル能力を加速させるや、アメリカは対話を求めてくるようになった。

わが国は現在、3人のアメリカ人を拘束しているので、アメリカはわが国を軽々にはできない」

――日本の上空を超えるミサイルを撃つのは、日本も標的の一つと見ているからなのか?

「日本はアメリカの〝属国〟も同然なのだから、当然、在日米軍基地も標的に入っている。

中でも首都、東京にほど近い横須賀基地を叩くのが、一番効果があるに違いない。ミサイルを1発落とすだけで、東京の人民たちは恐れおののき、手も足も出なくなるだろうからだ」