〔PHOTO〕gettyimages
野球 スポーツプレミア アメリカ

ヤンキースのアーロン・ジャッジに何が起こっているのか?

スーパースター候補が不振のどん底へ
(豪快なスイングは魅力だが、穴の多さも指摘されてきた Photo By Gemini Keez)

「彼なら“メジャーの顔”になれる。とてつもないタレントであり、同時にフィールド外でも魅力的な存在だ」

今年のオールスター期間中、MLBコミッショナーのロブ・マンフレッドはそんな風に語っていた。“彼”とはヤンキースのアーロン・ジャッジのこと。今季前半戦の時点では、コミッショナーの言葉は多くの球界関係者の想いを代弁しているかのように思えた。

オールスターまでの84試合で、ジャッジは打率.329、30本塁打、66打点と大爆発。2001年のイチロー以来となる新人王、MVPの同時受賞の可能性も十分と思われた。真摯なプレー態度、気さくな性格と合わせ、新たなスーパースターに必要なものをすべて備えているように見えたのだった。

 

MVP候補を襲った低迷の要因

しかし球宴明け以降、ジャッジは急降下している。オールスター以降の44試合では打率.134(187打席で67三振)、7本塁打、17打点のみ。7月8日から8月22日まで37試合連続三振を喫し、野手のメジャーワースト記録を更新してしまった。打率も.279まで下がり、“MVP候補”という声もすでに消え失せている。

(打撃不振が続き、8月31日のレッドソックス戦ではジャッジの打順は6番に下がった Photo By Gemini Keez)

まだ25歳で、メジャーのフルシーズンをプレーするのはこれが1年目だ。ある程度のアップ&ダウンは予想されていたことではあったが、前半戦を見る限り、ここまで急激に崩れると考えた関係者は少なかったろう。

昨季のジャッジは8月にデビュー後27試合でなんと84打数42三振という驚異の三振率を記録した。今季前半に急成長したかと思いきや、後半戦では再び打率1割台、三振率も4割近くと低迷。MLB広しと言えど、これだけ波の激しい選手も珍しい。さて、メジャーの水にも慣れたと思われた今季後半、期待の星がここまで苦しんでいる理由はいったいどこにあるのか(注/数字はすべて8月31日まで)。

“投手側のアジャストメント”“疲労”“不運”。メジャー某チームのスカウトに尋ねると、ジャッジ低迷の要因として3つを挙げてくれた。

今季前半ほどの勢いで打てば、ライバルチームが徹底的に解剖するのは当然。最近のジャッジは外角低めのボールになる変化球を頻繁に空振りしているというデータもあり、相手投手がより有効な攻め方を見つけ出していることは事実なのだろう。

まだメジャーで1年間戦い抜いたことがないのだから、長いシーズンの中で疲れを感じる時期は確実にあるはずだ。ジャッジはオールスターのホームランダービーでも圧倒的な強さで優勝するなど、ほぼ休みなくトップギアで突っ走ってきた。その蓄積した疲労ゆえに、スイングは少なからず鈍っているのかもしれない。

“不運"を指摘しているのは、筆者が話を聞いたスカウトだけではない。前半戦のBABIP(いわゆるインプレー打率)は.426だったのが、後半戦では.257。打球の速度が落ちているというデータもあり、単なる運不運では片付けられないものの、前後半のBABIPの格差は確かに極端すぎる。