Photo by iStock
医療・健康・食 ライフ 週刊現代

現役の医師が告白「自分で調べてくる患者のこと、こう思ってます」

気持ちは分からなくはないけれど…

医者からしたら時間のムダ

「厳しい受験戦争を勝ち抜いてきた医者たちは、学生のころから『エリート』と周囲にもてはやされ続けてきました。だから人一倍プライドが高く、自分が患者より優れていると思っている。

患者が自分の健康のためを思って色々と勉強してきても、『医学を素人が語るな』と心のどこかで不満に思っている医者が多いのです」(元私大病院勤務の開業医)

これまで本誌は、医者たちが患者に教えなかった医療の不都合な真実について度々報じてきた。ただ現代では、インターネットでもある程度医学の知識を身につけられるため、患者が病院で医者の診断の是非を質すことがより容易になった。

だが、このことは医者にとっては「面倒極まりない」のだという。

「特に都内の病院は患者数も多いので、一人を診ていられる時間も少ない。全員を診るためには、少しでも面倒くさい説明は省きたいのが医者の本音です。

患者さんの疑問を解消するのが医者の仕事ですから、きちんとひとつひとつ説明するべきなのですが、『黙って薬をもらって帰ってくれればいいのに』と思っている心無い医者はゴロゴロいますよ」(都内私大病院勤務医)

都内の大学病院で勤務経験のある内科医が、自分で調べてくる患者の「撃退法」を本誌に明かした。

「たとえば高血圧や糖尿病の患者で、『この薬には副作用があると聞いたから飲みたくない。別の種類に替えて欲しい』と言われることが最近増えてきています。

そういう時は、『でも最新の学会でこういう効果があると証明されている、いい薬なんですよ』と、副作用は濁してメリットを強調することがありますね。

これはまだ丁寧なほうで、『ネットや雑誌の情報を鵜呑みにして、俺の言うことを信じないのか』と怒り出す医者も多いようです。

 

そもそも『私、薬飲みたくないんです』という患者には、『じゃあ飲まなくていいですよ。他の方にはみんな処方してますし、私なら飲みますけどね』とやり過ごします。飲みたくないという人にどう薬を勧めても飲みませんから、医者からしたら時間のムダなんです」

Photo by iStock

患者の知識は診察のムダ――。医者の言うことがすべて正しければその理屈もまかり通るかもしれないが、決してそうではないのが現実だ。

新生・ブルーバックス誕生!