Photo by iStock
医療・健康・食 ライフ 週刊現代

現役の医師・看護師たちが明かす「医者はこうして患者にウソをつく」

患者より製薬会社のほうが大事な場合も

「念のため」と無駄な薬を出す医者

「医者が患者にウソをつくのは日常茶飯事です。高齢の患者には、ちょっと血圧やコレステロール値が高いだけでも『心筋梗塞や脳梗塞を起こすかもしれないので、この薬を飲んでおきましょう』と不安を煽って、血液サラサラの薬(アスピリンなど)を安易に処方する。

これらの薬に心筋梗塞や脳卒中を予防するエビデンスはありません。それどころか副作用で消化管出血を起こす患者もいる」(民間病院の医師)

患者に無駄な薬を飲まそうとする医者は必ず「念のため」「お守りだから」と言う。

一見、患者思いにも聞こえるが、この言葉の裏には、「もし飲まなくて何かあっても知らないからな」「患者は医者の言うことを聞いてればいいんだよ」という脅しが隠れている。

 

医者は、普段患者に対してどんな思いを抱いているのか――。今回本誌は、現役の医師や看護師など300人の医療従事者を取材。診療中、決して患者には見せない医者の「心の内」が明らかになった。

医者は患者の都合ではなく自分の都合でウソをつく。特に顕著なのが薬の処方だ。実際には飲まなくてもいいのに、患者にウソをついて、実は無駄な薬を処方している医者は少なくない。

「風邪に抗生物質は効果がないのに『もし感染症になったら大変だから』と脅し、儲けのために飲ませている」(開業医)

「鎮痛剤(ロキソニンなど)を飲むと胃が荒れるから念のためと言って、5種類もの胃薬を飲まされていた患者さんがいた。日本人は『念のため』という言葉に弱い」(大学病院の看護師)

「薬を嫌がる高齢の患者さんに『じゃあ、何かあっても自己責任ですからね』と強い口調で迫って、無理やり処方していた」(民間病院の医師)

「うつ病を治すには薬を飲むしかないと、すぐに向精神薬を処方する先生がいる」(民間病院の医師)

「これは最新の薬だから効果が高いと、とにかく新薬をすすめる。以前の薬でも問題なかったのに、製薬会社のためだけに処方するんです」(国立病院の看護師)

Photo by iStock

医者と製薬会社の関係は切っても切れない。製薬会社のゴリ押しやコネで患者に「この薬を使いましょう」とウソをつく医者もいる。

医療法人社団鉄医会理事長の久住英二氏が語る。

「これは普通にありますね。医者としては頑張って営業してくれるMRの薬を使いたくなるもの。裏でどんなやり取りがあるか、患者さんには分かるはずがないですからね。医者からそう言われたら納得してしまうでしょう」

患者よりも製薬会社のほうが大切、そう考える医者が、現実に多数存在するのだ。