Photo by iStock
成年後見制度 介護 福祉

障害者と家族からカネを奪う「悪質後見人」その卑劣

なぜこんなことが許されるのか…

障害を持った子供の将来を思い、成年後見制度を利用することを考えた家族。ところが裁判所は、家族の願いとは無関係に後見人として弁護士や行政書士を選任し、財産の管理を任せてしまう。

認知症の高齢者とその家族の問題と思われがちな成年後見制度。だが、実は障害を抱えながら懸命に生きようとしている若い世代の人生にも、大きな影を落としている(これまでの記事はこちらから)。

大震災でも安心、と思ったのに…

「子供のことを考えて成年後見制度を利用しました。私が子供の後見人になれたので安心していたら、とんでもありませんでした。こんなひどい制度だと知っていれば成年後見制度なんて利用しなかった。いまは子供の将来が心配で、毎日、あまり眠れません。生きているのが嫌になりました」

疲労困憊した様子で胸の内を語るのは、埼玉県在住の竹田房子さん(仮名・60代後半)だ。

 

成年後見制度といえば認知症高齢者が対象と思われがちだが、実は知的障害者、精神障害者もこの制度の対象だ。そして、知的・精神障害者とその家族が、この制度の誤った運用で受ける被害は、後見を受ける本人が若い場合もあることから、数十年単位に及んで続く可能性がある、甚大なものなのである。

どういうことか、実例で見ていこう。房子さんには、今年33歳になる一人娘の陽子さん(仮名)がいる。陽子さんは知的精神障害者。両親と同居しながら、埼玉県内の福祉施設で菓子造りに励んでいる。菓子は市販されており、陽子さんは毎月、給料をもらっている。

「娘は早産で帝王切開で生まれました。生後の体重は、わずか1076グラム。医師からは無事に育つかどうかは五分五分だと言われ、毎日、生きた心地がしませんでした。

退院後も、鼻から胃に直接、管を入れて栄養を補給しなければならず、その管入れも私がやりました。娘に知的障害があることは、その後の数ヵ月で分かりました。でも、私と夫はかわらず、娘を手塩にかけて育てました」

そんな房子さんが母親として成年後見制度を利用することを思い立ったのは、東日本大震災の後だったという。

「もし今後、首都直下型地震が起きても、私が後見人についていれば、私の命がある間は、娘の生活を見守って財産も管理して増やしてあげられる。誰かに騙されて高額な商品を買わされても、私が代理になって取り返すこともできる。申請通り私が後見人に選任されてやれやれと思いました」

ところが今年になって予想もしなかったことが起きた。さいたま家裁の裁判官が、房子さん親子の頭越しに、房子さんとは別に弁護士を成年後見人につけたのだ。