〔PHOTO〕gettyimages
国際・外交 日本 中国 インド

北朝鮮危機の裏で、中国・インドが「あわや開戦」の緊急事態に!

これはアジア大乱の前兆なのか

中国大使館が出した異例の通知

「竜象共舞」(竜と象が共に舞う)――この美しい合言葉のもと、中国とインドが蜜月関係を築いていたのは、つい最近までのことだった。2014年にモディ政権が発足した時には、9月17日の誕生日に、わざわざ習近平主席がプレゼントを抱えて故郷のアーメダバードまで馳せ参じたものだ。

ところが最近、中国で叫ばれているのは、「竜象打仗」(竜と象が戦争する)。中印国境のドクラム高地(洞朗地区)を巡って、両国が一触即発の事態になっているからだ。

ドクラム高地で実際に何が起こっているのかは審らかでないが、中国、インド、ブータン当局の発言や報道などを総合すると、今年に入って中国人民解放軍が、中国から紛争地域のドクラム高地へと至る軍用道路を建設した。

これに反発したインドが、6月に道路の一部を破壊し、かつこれまで中印軍がにらみ合っていた場所よりも前方に軍を駐留させた。すると今度は中国が猛反発し、インド軍に対して撤退を要求している。大まかに言うとこういうことだ。

〔PHOTO〕gettyimages

ニューデリーの中国大使館は先週8月24日、とうとう中国人に向けて、次のような通知を出した。タイトルは、「インドにいる中国公民の安全に注意を促す」。

〈 インドの中国大使館は、インド在住、もしくはインドを訪問予定の中国人に、以下のことを求める。

現地の安全状況を注視し、自身の身の安全意識を高め、安全防犯に努め、不必要な外出を減らし、外出時には自身と財産に注意し、事前に家族や同僚、友人などに状況を知らせ、まめに連絡をとり、身分証明書を携帯し、言動を慎重にし、現地の法律法規を順守し、現地の宗教・習慣・風俗を尊重し、現地の当局の検査に従うこと。

(中略)緊急時の連絡先は、インド警察:0091-100、インドの中国大使館領事保護電話:0091-9810597886、外交部全世界領事保護サービス救急コールセンター 電話:86-10-12308、86-10-59913991 〉

インドの中国大使館がこうした警告を発するのは、7月7日に次いで2度目である。気になるのは、この通知の期限が、今年の12月31日までとなっていることだ。つまり中国政府としては、中印の国境紛争が長引くことを想定しているのである。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!