〔PHOTO〕iStock
生命科学

まもなく「遺伝子改変ベビー」が現実となる可能性

技術的ハードルはほぼクリアした

先頃、ヒト受精卵をゲノム編集して、深刻な病気を引き起こす遺伝子変異を修正することに米韓中の共同研究チームが成功した。同様の研究はこれまで中国の研究チームが3度挑戦して何れも失敗しており、今回のケースが世界初の成功例となる。

これにより、約1万種類ある特定の遺伝性疾患に対し、子供が生まれて来る前にそうした病気の芽を摘んでしまう画期的な医療技術の登場が期待される。その一方で、親が望み通りに子供を設計してしまう、いわゆる「デザイナー・ベビー」の誕生につながるとする危惧の声も聞かれる。

精子の遺伝子異常を修正

今回の研究を実施したのは米国のオレゴン健康科学大学とソーク研究所、韓国の基礎科学研究所とソウル国立大学、そして中国の国立遺伝子バンク等の共同チーム(日本の科学者も同研究をサポートしたが、直接、ゲノム編集に関与することはなかった)。彼らの論文は今月2日、英国の科学誌ネイチャーに発表された。

http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature23305.html?foxtrotcallback=true#affil-auth

 

今回、ゲノム編集の対象となったのは「肥大型心筋症」と呼ばれる遺伝性疾患だ。これは運動の最中に呼吸困難や胸の圧迫感などが生じ、最悪の場合、心臓が停止してしまう危険な病気で、一般人口の約500~1000人に1人の割合で発症する。特に若い運動選手らに時折見られる突然死の原因とされる。

こうした肥大型心筋症を引き起こすのは、ヒトの(DNAを構成する)11番染色体上に存在する「MYBPC3」遺伝子の変異だ。

今回、共同研究チームはこの遺伝子変異を有する(つまり肥大型心筋症の)男性の精子を「クリスパー・キャス9」と呼ばれる最新鋭のゲノム編集技術によって修正し、これを12名の健康な女性から得た卵子と合体させることで(この病気を発症する恐れのない)正常な受精卵を作成することに成功した。

※ゲノム編集とクリスパー・キャス9については以下の記事を参照
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49044

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!