photo by iStock
人口・少子高齢化 ライフ

夫が帰宅恐怖症になりやすい妻の「10タイプ」

対処法も教えます。

近頃よく耳にする「帰宅恐怖症」という言葉。妻が怖い=家が怖くて、仕事もないのに残業したり、ゲームセンターなどで時間を潰してから妻が寝静まる頃合いを見計らい帰宅する……そんな男性が増えています。前編では帰宅恐怖症に陥った夫婦のケースを見てきましたが、今回は、帰宅恐怖症を克服するための超・実践的なメソッドをお届けします。

*前編はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52577

夫が帰宅恐怖症になるメカニズム

1.夫婦喧嘩が繰り返される
     ↓  ↓
2.夫は、夫婦喧嘩の原因(妻が怒っている原因)がわからない
     ↓  ↓
3.妻は、夫がわからないと感じていることがわからない
     ↓  ↓
4.妻は、夫はなんでわかってくれないんだろう? なんで同じことを繰り返すのだろう? と不思議に思い結果的に責め口調になってしまう
     ↓  ↓
5.夫は、責められているように感じて妻との会話を避けようとする
     ↓  ↓
6.妻は、逃げていると感じて追い込んでいく
     ↓  ↓
7.夫は、ますますしゃべれなくなる
     ↓  ↓
8.夫は、妻が寝静まった頃を見計らって帰るようになる
     ↓  ↓
9.夫は、だんだん家に帰れなくなってしまう
     ↓  ↓
10.夫は、別居や離婚を提案してくる

だいたいこのような流れになります。

 

「妻がわからない!」からはじまり、妻が怖くなり、ついには「帰宅恐怖症」に至ってしまうのです。

また、症状が日増しに悪化していく最大の原因は、「夫から怖がられている」ことに、妻がまったく気づいていない、という点にあります。

何も気づいていない妻は、当然、今まで通りに夫と接します。すると、夫の「妻への恐怖心」はどんどん積み重なっていきます。まるで、うすいベールが何枚も何枚も積み重なっていくように……。

帰宅恐怖症になりやすい夫&妻のタイプ一覧

ただ、どんな夫も「帰宅恐怖症」になってしまう可能性があるとはいえ、カウンセリングを受けていると「帰宅恐怖症になりやすいタイプ」があることに気づきます。

帰宅恐怖症になりやすい夫のタイプ10

1.気弱でやさしい夫タイプ 
2.我慢タイプ  
3.争い事苦手タイプ
4.外面人間タイプ
5.面倒くさがりやタイプ  
6.お子ちゃまタイプ 
7.父親が気が利かないタイプ 
8.母親がヒステリータイプ  
9.母親が過干渉タイプ
10.女性慣れしていないタイプ 

この10タイプは、夫は、○○タイプと簡単に分けられるようなものではありません。帰宅恐怖症になっていく過程を振り返ってみると、いろいろなタイプが複合されているのです。

ただ、そのベースとなるのは、1.気弱でやさしい夫タイプです。帰宅恐怖症になってしまう夫は、とても気が弱くてやさしくて良い夫タイプのかたが多いのです。

photo by iStock

そこに、我慢や争い事苦手などいろいろなものがプラスされて、より妻に対して何も言えなくなってしまいます。

そして、言えなくなってしまったことで、より妻から強く言われ、もっと言えなくなって、気弱さがますます出てきてしまい、結果的に帰宅恐怖症になってしまうのです。

続いて、夫が帰宅恐怖症になりやすい妻の10タイプです。