Photo by iStock
ライフ 育児

日本の子育てを変えるのは、男の「図太い楽観性」なのか

「正しい世論」が育児を踏みつぶす

「二分の一成人式」の残酷さ

使い勝手のいい叱責に「親の顔が見てみたい」があるけれど、ふと立ち止まって考えると、この上なく旧態依然とした叱責である。当たり前のことだが、誰かの言動とその親の顔はいつだって無関係。そもそも親の顔を見たことがない子供だっている。

昨今、小学校の行事として定着しつつあるのが「二分の一成人式」。10歳を迎えた記念に体育館などで式典が開かれ、親に感謝の手紙を書いたり、親から名前の由来を聞き出して発表したりするのだという。様々な事情で名付けの親がそこにいない可能性を考えてはくれない。感謝を伝える親がいない子供たちはどうすればいいのか。

こういう時、教育の「正しさ」は、わざとそこに鈍感になる。正しい教育と補完関係にあるのが正しい育児だ。「正しさ」の周りで「これは正しくない」と、いくつもの所作がふるい落とされていく。

しかも、その正誤を決めるのが、世間などという、ものすごく曖昧な枠組み。曖昧なくせに屈強な世間とやらは、至らない当事者を袋叩きにする。世論が正論に化け続けながら、自由気ままに人それぞれの育児を踏み潰していく。とっても苦しい。

海猫沢めろんの『キッズファイヤー・ドットコム』はその世間を「どうでもよくね?」と語尾上げで変革しようと企むホストたちの物語だ。ホストクラブの店長・白鳥神威は「ウェーイ! ウェイウェイウェイ!」という謎めいたかけ声に見送られつつ、北新宿一丁目にある六階建てのデザイナーズマンションへ帰る。

 

ある朝、鰐皮ブーツをこつこつ鳴らし、クリーンなエントランスに導かれ、エレベーターで六階へ上がると、部屋の前に、ベビーカーに乗せられた赤ん坊がいた。赤ん坊の上に置かれたノートの切れ端には「神威さまへ よろしくお願いします」とある。数々のセックス、その相手を脳内でプレイバックするも特定には至らない。神威は、その赤ん坊を見つめながら、こう思う。

「想像力は輝かしい未来をつくるためだけに使われるべきだ」

「新たな試練を前に逃げることはカリスマホストの本能が許さない」。

神威は子供を育てることに決める。

ホストという性質が持つ楽観性。この楽観性が世間の子育ての「正しさ」を切り崩していく。減点方式で子育てを査定する悲観的な世間を、「ウェーイ!」と楽観的に喝破していく。「今日からこの店でこの子を育てることにする」、神威の唐突な宣言に対し、誕生日の月に1000万円を稼ぐ伝説を打ち立てた綺羅木ヒカルが手を上げる。

「トイレ掃除……どうします?」。

新人がトイレ掃除を担当するルール、ならばこの赤ん坊がトイレ掃除を担当するのが、この世界のルールだ、と。ここで起きているのは「なにが起きているのかわからないほどの高速思考戦」なのだ。