〔PHOTO〕iStock
金融・投資・マーケット 世界経済

「順張り投資」のパフォーマンス低下が示唆するもの

米金融政策が意外なところに与えた影響

モメンタム投資の有効性

株式や為替(通貨)などの「資産価格」には、いくつかの「アノマリー」が存在することが知られている。「アノマリー」とは「資産価格の理論では説明できない不思議な現象」を指す。その代表例が「モメンタム(順張り)投資の有効性」である。

「モメンタム(順張り)投資」とは、過去(通常は過去1年間の平均)の好パフォーマンスを上げた投資対象(株式ではあれば銘柄、為替であれば通貨)を投資対象とする戦略である。多くの投資家が用いている比較的単純なチャート分析(例えば、実際の価格が移動平均線を下から上に抜けていくと買いのシグナルになるという「ゴールデンクロス」など)は、その代表例であろう。

標準的な資産価格の理論である「効率的市場仮説」では、過去の価格が現在、及び将来の価格に影響を与えないはずだが、現実には、多くの資産で、「モメンタム投資」は、市場インデックス(米国株でいえば、ニューヨークダウやS&P500など)を上回るパフォーマンスを上げてきたことが広く知られている。

米国のクオンツ系ヘッジファンドAQRの創業者で、かつ、ファイナンスの分野での優れた研究者として知られるクリフォード・アスネス氏らが2013年に発表した論文「Value and Momentum Everywhere」では、この「モメンタム投資」の有効性は、株式、為替(通貨)、債券、商品と幅広い投資対象で観察されることが指摘されている。

 

この「モメンタム投資の有効性」については、「行動経済学」の側面など、様々な角度から理論的な研究が続けられてきたが、現時点で、これといった決め手はない。

また、リーマンショック後、特に米国では、これまで有効であった「モメンタム投資」は必ずしも市場平均を上回るパフォーマンスを出せなくなっており、「モメンタム投資」に対する関心も薄れてきたのが現状である。チャート分析に基づく投資戦略も以前と比較して必ずしも有効に機能しているとは言い難い。

米、日、アジアのパフォーマンス

この「モメンタム(順張り)投資」のパフォーマンスについてのデータは、米ダートマス大学のケネス・フレンチ氏が集計して、自身のホームページで公開している。彼は、主要地域の全上場銘柄の株価から収益率を計算し、過去1年間の累積収益率の実績を用いて、全上場銘柄を5つのグループに分類している。

以下に紹介する米、日、アジアの3地域の「モメンタム投資」のパフォーマンスは、その5つのグループのうち、最もパフォーマンスの良かったグループの収益率から最も悪かったグループの収益率を控除して算出したものである(すなわち、投資戦略的には、最良パフォーマンス銘柄のポートフォリオを買うと同時に、同金額の最悪パフォーマンス銘柄のポートフォリオを売る「順張りのゼロコストのロング・ショート戦略」を採っていることを意味する)。