〔PHOTO〕gettyimages
医療・健康・食 生命科学

科学界で話題!劇的効果の最新「肥満治療」

体脂肪が減少し、骨密度が上がる!

体内で分泌される、ある種の生殖ホルモンに対する抗体療法が、体脂肪の大幅な減少と骨量の増加を促すことが米国の研究チームによって発見され、科学者の間で大きな関心を呼んでいる。

●“Researchers Track an Unlikely Culprit in Weight Gain” The New York Times, AUG. 7, 2017

上記NYT記事によれば、この研究はあくまでマウスを対象にした実験だが、その効果があまりにも劇的であったため、研究チームは早速これを人間に応用する取り組みを始めたという。もしも成功すれば、従来とは全く異なる肥満治療薬につながると期待されている。

肥満を誘発するホルモンを発見

研究を行ったのは、米マウントサイナイ医科大学のMone Zaidi教授らの研究チーム。彼らは脳下垂体から分泌される「F.S.H.(卵胞刺激ホルモン)」に着目した。このホルモンはその呼称に「卵胞」とあるので、女性に特有のホルモンと思われがちだが、男性でも分泌される。

卵胞刺激ホルモン〔PHOTO〕wikipedia

以前から、閉経した女性ではこのF.S.H.の分泌量が増加することが科学者の間で知られていた。また同じ時期から、女性の(特にお腹の辺りの)脂肪量が増加し、骨量が減少し始めることも一般に知られている。ただし両者の相関関係はこれまで証明されていなかった。

そこでZaidi教授らの研究チームは、このF.S.H.を抑制する抗体をマウスに投与したところ、骨髄の健全化と同時に、体脂肪の大幅な減少や骨量の増加が確認された。その効果があまりにも劇的であったため、これを俄かに信じ難かったZaidi教授は追試の必要性を感じ、米メイン医学研究所の科学者らに追試実験を要請した。

 

ここから2年半の歳月をかけ同様の実験を実施したところ、彼らもZaidi教授らの研究チームと全く同じ結果、つまり「(マウスの)脂肪の大幅減少と骨量の増加」という実験結果に辿り着いた。

さらに、この抗体療法を受けたマウスは、酸素消費量や身体活動が増加することも確認されたという。つまり活発に動く身体へと、ある種の若返り現象を見せたのである。