〔PHOTO〕gettyimages
メディア・マスコミ オリンピック

星野源にも絶対わからない「東京五輪を開く理由」

あのCMにどうしても覚える違和感

東京オリンピックまで、あと3年。いまだ諸問題は落ち着かないが、私たちはこのイベントについてどれほど知っているだろうか。

ジャーナリストの森田浩之氏がオリンピックの知られざる重要な側面を追い、「TOKYO 2020」を多角的に考えるための連続リポート。最終回は、オリンピックを開く動機・メリットから、重大な問題を明らかにする。

第1回はこちら『東京オリンピック「経済効果予測」のオカシさを暴こう

ライバルは、1964年?

東日本大震災のときにテレビの公共広告で一躍知られるようになったACジャパンが、2020年東京オリンピックにまつわるCMを作った。

このCMで歌い、語るのは、いま人気絶頂の星野源だ。

「2020」という4けたの数字が、パラパラパラと「1964」にまで戻る。「1964」の世界で最初に映し出されるのは、今はなき国立競技場。東京オリンピック開会式での聖火点灯のシーンだ。

人々の笑顔が映る。今とは明らかに雰囲気が違う半世紀前の日本人の顔。子どもたちの笑顔。家族の笑顔。純朴という言葉が頭に浮かぶ。まだ貧しい国であることもわかる。

そして、植木等が登場する。星野源も「憧れの人」だというスーパーコメディアンのとぼけた顔。ある時代を象徴する植木の顔が、なんとも魅力的に映る。

星野源のナレーションが入る。

〈あのころの日本人に、笑顔で負けるな〉
〈見る夢の大きさで負けるな〉
〈人を思いやる気持ちで負けるな〉
〈暮らしの豊かさだけじゃなく、こころの豊かさでも、ぜったい負けるな〉

 

決めの言葉は──

〈ライバルは、1964年〉

最後に〈2020年に向け、日本を考えよう〉というテロップが入る。

楽しいCMである。ネット上の評判も、とてもいいようだ。

だが同時に、このCMはオリンピックについて重要な問題を示している。

それはオリンピックを開く理由が、過去の自分たちを乗り越えることくらいしかなくなったという点だ。

オリンピックに向けて国民がひとつになるには、〈あのころの日本人に笑顔で負けるな〉といった合言葉を持ち出さなくてはならなくなったということだ。