Photo by gettyimages
野球 アメリカ

田中将大も「違い」を実感! 大型補強でヤンキースの新・黄金期が始まる

「良いチーム」から「凄いチーム」へ

押しも押されもせぬエースに

「リリーフ陣に厚みができているのは実感できます。(トレードで)2人の先発が入って、刺激を受ける部分もあるだろうし、チームが良い循環になっていけばいい。去年のこの時期とは違うのは感じています」
 
8月1日、田中将大に1年前と今季のヤンキースとの違いを尋ねると、そんな答えが返ってきた。すでにメジャーで4年目。エース格の1人として、田中もチームの立ち位置は実感できているはずだ。

(今季は苦しんだ田中だが、優勝がかかった後半戦で活躍すればここまでの不振は忘れられる Photo By Gemini Keez)

2017年のトレード期限を前に、まずヤンキースは7月18日にホワイトソックスとのトレードでデビッド・ロバートソンとトミー・ケンリーの2投手、内野手のトッド・フレイジャーを獲得。30日には過去2年連続10勝以上の左腕ハイメ・ガルシアを獲得し、先発ローテーションの層を厚くした。
 
仕上げはトレード期限終了寸前の31日。2014、15年に2年連続14勝を挙げ、今夏の目玉の1人と言われた27歳の右腕ソニー・グレイをアスレチックスから手に入れ、一連の補強策を締めくくった。

(2015年にはオールスターにも選ばれたグレイはエースも務まる素材)

2年前にはサイ・ヤング賞投票で3位に入ったグレイが加わったことで、今季にブレイクしたルイス・セベリーノ、復調気配の田中と合わせて新たな先発3本柱が完成。ブルペンにもオフに呼び戻された105マイル左腕のアロルディス・チャップマンを先頭に、デリン・ベタンセス、ケンリーと速球派が揃っている。
 
打線はやや疲れ気味だが、アーロン・ジャッジ、ゲイリー・サンチェスらは再び調子を上げてくるはずだ。田中の言葉通り、これらのトレードで、ア・リーグ東地区の首位を争うヤンキースがさらに向上したことは間違いない。

 

ベテラン放出の「ファイヤーセール」

(キャッシュマンGMのここ2年のチーム作りは着実なプランが感じられる Photo By Gemini Keez)

振り返ってみれば、2016年夏には、ヤンキースはトレード期限にアロルディス・チャップマン、アンドリュー・ミラー、カルロス・ベルトラン、イバン・ノバといったベテランを次々と放出した。その時点で優勝を諦め、“チーム解体”と呼んでも大げさではない大掛かりなファイヤーセールを敢行したのだった。
 
このチームらしくない方法で将来に備え始めたことを、残念がるファンも少なくなかった。しかし、ブライアン・キャッシュマンGM以下、フロントの決断は正しかったということなのだろう。
 
「昨夏は難しい選択をしなければならず、それは今年も同じだった。“良いチーム”から“凄いチーム”になるべく努力してきた。ヤンキースは王座に近づいていかなければいけないんだ」


31日にグレイのトレードが決まったあと、キャッシュマンGMはヤンキースタジアムで行われた会見でそう述べていた。その言葉通り、今のヤンキースなら地区、リーグ制覇のチャンスは十分。結果的にわずか1年で優勝が狙えるチームに戻ったのだから、その手腕は賞賛されてしかるべきである。