Photo by GettyImages
野球 ライフ 週刊現代

早実・清宮幸太郎が明かす「18歳の青春」「将来のこと」

アメリカの大学?いやいや、ちょっと…

次は何を見せてくれるのか――。こんなに楽しみな高校生はいない。夏だけでなくこの「秋」も、主役はこの男だ。だが本人はいたって冷静に、淡々と語る。まるで自分に言い聞かせているように。

「借りは返さないと」

高校野球の話題を独占する早稲田実業の怪物には、本塁打に対するこだわりがまるでない。

「ホームランの記録は二の次。チームが勝てばそれでいい。ヒットの延長がホームラン。トレーニングの成果で飛距離は伸びているし、どこに飛んでもホームランにすることができる。これが一年の成長と思います」

すでに西東京大会が始まっていたある日の全体練習後、清宮幸太郎(18歳)は、ひとり居残って「特打」に臨んでいた。

左の打撃投手に、アウトコース中心に投げ込んでもらい、ボール球はしっかり見送り、ストライクだけを強く広角に弾き返す。下級生の打撃投手をライバルの二人に見立てた練習だった。

昨秋の東京大会決勝で5三振を喫した日大三の櫻井周斗と、昨夏に敗れた八王子の早乙女大輝だ。

東京を代表する両左腕との対決ともなれば、自身も徹底的に研究されているだろう。そう簡単には打ち崩せない。だからこそ、弱点とされる外への変化球を見極め、甘く入った球を確実にフェアゾーンに運ぶ練習を繰り返していた。

Photo by iStock

「(櫻井に)5三振喰らった借りは返さないといけないと思っています。(開会式で)八王子の主将が優勝旗を返還する姿を見たら、悔しさが再燃してきて……。

自分自身、去年の最後の打席は忘れられないし、優勝旗を取り返すために今までやってきた。成長した姿を見せつつ、声を出してチームを引っ張っていけたら。

最後は笑って終わりたいすね。今まで以上に暴れて、しっかり勝ちきって、早実の夏にしたい」

この一年、清宮に対する印象が変わったのは、彼の発する「声」だ。練習中はもちろんのこと、試合中も、あの鼻にかかったような声を、誰よりも大きく張り上げている。

練習が終わると、あるいは試合を終えて報道陣の前に現れると、声をからしていることも珍しくない。主将としての役割は「声を出すこと」と清宮は断じる。

「自分が主将になって、みんなで考えた早実のスローガンが『GO!GO!GO!』(球速5kmアップ、飛距離5mアップ、体重5kgアップの目標も込めている)。いつもその言葉を掛け合うことで、どんな逆境だろうと、結果を恐れず、諦めない終盤の粘りや逆転勝利を呼び込むことにつながっていると思います」

 

清宮の言葉通り、昨秋、今春の東京大会決勝の日大三戦、センバツでの明徳義塾戦は相手のリードに9回の土壇場で追いつき、試合をひっくり返した。

早実と戦う学校にしてみれば、清宮の一発や、あるいは後ろにいる4番の野村大樹(2年)の勝負強さよりも、心折れずに最後まで戦い抜く早実ナインの姿勢こそ、最大の脅威だったはずだ。