オリンピック 週刊現代

本物のヤクルトファンに学ぶ「負けても怒らない」精神

1勝の喜びを噛みしめる幸せがある
週刊現代 プロフィール

村上春樹も愛する神宮球場

神宮球場というホームも、他のチームにはない独特なファン層が形成される一因だろう。神宮球場には、阪神甲子園はもとより、いま一大旋風を巻き起こしている広島のように、熱狂的な地元ヤクルトファンが連日詰めかけたりはしない。

神宮球場ではペナントレース中も高校野球や六大学野球が開催され、その試合後にヤクルト戦が開催されることもある。他のプロの本拠地ではあまり考えられないことだ。

さらに近隣には一般人がプレーする草野球場もあり、どことなくのどかな雰囲気を醸し出している。熱心なヤクルトファンとして知られる村上春樹氏も、神宮の外野席でヤクルト戦を観戦中、小説家になることを思い立ち、『風の歌を聴け』が生まれたとのエピソードもある。

村上春樹Photo by GettyImages 村上春樹

巨人が本拠地を置く東京ドームとはそう遠くない距離にあるのに、まったく異なる空気感が神宮にはある。前出・城戸氏は「神宮球場の雰囲気が特に気に入っている」と言う。

「私は渋谷区にある小学校に通っていたので、神宮球場は小さいころから身近な存在に感じていました。東京ドームとは違って、神宮の杜に囲まれてちょっと洗練されている。夏場は涼しい風が吹き抜け、『都会のオアシス』のような清涼感がありますよね。

ヤクルトの選手たちも、野球少年がそのままプロになったような、朴訥な印象があって応援したくなるんです」

プロ野球という派手な世界のなかで、スワローズの選手たちは純粋に大好きな野球に向き合っているとファンは感じているのだ。

前出・崔氏も神宮球場が持つ魅力を次のように語る。

「実はスワローズの本拠地はもともと後楽園球場だったんだけど、国鉄時代の'64年に神宮球場に移した。

後楽園球場は'72年まで競輪場が隣にあって、酔っ払いや怪しいオジサンがあたりをうろついていたので、女性や子供は近寄りがたい雰囲気があったんですよ。

一方で神宮球場は緑が豊かな球場で、誰にでも開かれた空間にある。このこともあって、ますますスワローズという球団に惹かれるようになったね」

たとえ弱くても、野蛮なヤジを飛ばしたりしない。ファンがチームを信じているからこそ、時としてめざましい栄冠をつかむこともある。

 

'01年にスワローズを日本一に導き、「ファンのみなさま、おめでとうございます!」との名言を残した若松勉元監督は次のように語る。

「神宮という土地柄もあるかもしれないけど、基本的にヤクルトのファンは大人しい人が多いのかもしれないね。監督時代、もちろん厳しいことを言われることもあったけど、負けが込んだときに励みになる声援をくれるファンもたくさんいた。

だから連敗中、真中監督にグラウンドで会ったときには『ここで頑張んないとだめだよ。選手も監督の顔を見たらわかるから、自分に負けちゃだめ、耐えなさいよ』とアドバイスしましたね。

真中監督はポーカーフェイスでグラウンドに出るけど、根は明るいやつですから」