部活 スポーツ 野球 サッカー 夏休み スポーツ障害

過酷な夏の部活動が、わが子の人生を大きく狂わせるかもしれない

暴力指導がなくても、油断は禁物
島沢 優子 プロフィール

後遺症が出ては元も子もない

夕方の整骨院もしくは整形外科に足を運ばれると、すぐに気づかれるだろう。待合室は、部活帰りもしくは、スポーツ障害などで競技を続行できず通ってくる中高生に埋め尽くされていること、おまけに小学生も少なくないことを。

欧米で仕事をしたことのあるメディカルトレーナーを複数取材したことがある。全員が「これだけ多くの子どもたちが整骨院やスポーツ整形外科に通うのは日本くらい」と異口同音に話した。日本では、なんとなく見慣れてしまっている光景だが、小学生や中学生が低周波治療を受けるなど、実は異常なことなのだ。

どの生徒も「オーバーユース」とも言われるスポーツ障害を発症しているケースが多い。これは、繰り返しの負荷が一定の部位に過度にかかることで、徐々に痛みが増してくる慢性のケガのことだ。

 

ジュニアや中高生のスポーツ障害に詳しく、『子どものスポーツ障害こう防ぐ、こう治す』を著した柏口新二さんは以前、東京厚生年金病院整形外科部長として、放課後しか通院できない生徒のためのスポーツ外来を設けていた。

「競技人口の多さもあって、野球やサッカーを幼年期や低学年から続けている男子に目立つ。小学生時代から無理を重ねているのに、中学、高校の部活でさらに負荷をかけてしまう。特に高校生は夜遅くまでの練習、遠距離通学、さらには朝練まであるため、睡眠時間が5時間を切るという子も少なくない」

そのため疲労骨折を発症したり、すでに痛んでいるところがあるため、ほかのケガも起きやすくなる。指導者に障害についての知識がなく、自身の経験だけに基づいた指導が目立つと柏口さんは言う。

指導者が無理にやらせる。だから、選手も無理にやってしまう。勝利を追求するあまり、選手生命が危ぶまれるところまで追い込まれてしまう。主に痛める部位は、野球ではひじと肩、サッカーでは足の甲、膝や腰の関節部分だ。

「子どもは大人のミニチュアではない」と言われるように、成長期の子どもの骨や体は傷つきやすい。部活の競技をずっと継続してトップアスリートを目指したいと思っても、間違った指導や左右のバランスの悪さが災いしてケガをしやすかったり、プレーに及ぼす影響は少なくない。負った障害の後遺症が、大人になってから健康的な生活を脅かす可能性だって無視できない。

柏口さんによると、成長期のスポーツ障害の怖いところは、静かに進行することだ。
痛みがあっても、翌日はあっけなくひくことが少なくない。そのため、本人も親も深刻に捉えず、痛みが慢性的になったときは手遅れになっている。しかも、痛みもなく悪化するケースすらあるという。

小学生から高校生に至るまで、子どもを蝕む部活による体の酷使は、今、起こっている。“暴力指導がないからブラックじゃない”などと、安心してはいけない。保護者は、指導者が生徒の健康を保つよう力を注いでいるか、子どもが無理しすぎていないかを常に注視したほうがいい。

夏の大会に熱中するのもいいが、人生に大きな傷を残さぬように。

学校、保護者、そして社会がブラック部活をつくりだす。では、本当の強さを手に入れるための打開策とは? 日経新聞(7/22)に、「日本の組織に普遍的な処方箋」という書評も掲載された話題の一冊