Photo by iStock
ブルーバックス

いつもの煎茶を「玉露」に変える、驚きのお茶の淹れ方があった

まるで魔法のような…

その淹れ方、間違っています

職場で不意に大切な来客があり、上司から「悪いけど、2人分のお茶を出してくれる?」と頼まれました。あなたは、自信を持っておいしいお茶を淹れられますか?

自分で飲むのではなく誰かのために淹れる場合、その淹れ方ひとつで味や色、香りも大きく変わってしまう緑茶は、少々気負いを感じてしまうお茶かもしれません。

目の前に煎茶の茶葉が入った茶筒と茶器、熱湯の入った保温ポットがあります。さて、あなたは普段どのように淹れているでしょうか?

まず、茶筒の蓋を容器の代わりにして、2人分の茶葉を目分量で測ります。それを急須に移し、保温ポットのお湯を急須の八分目まで入れます。急須の蓋をしたら、茶葉の成分がよく出るように急須を手元でクルクルとゆっくり回しながら1人分ずつ茶碗に注ぎ入れ、茶托に乗せて客人から先に出しました──。

 

「そうそう、いつもそんな感じで自分も淹れている!」と頷いたあなたは、残念ながら、ふるまったお茶の味も、淹れた手順も、お客さまから苦々しく思われている可能性が高いかもしれないですね。

下手をすれば、「基本的なおもてなしができない=社会人なら身についていて当前の常識がない」とみなされて、まるで「デキない人」という烙印を押されかねません。

「そんな、お茶一杯で大げさな!」と思われるかもしれませんが、人の言動は一時が万事で、物事の捉え方や考え方、取り組む姿勢というのは、総じて一貫性があるものです。そのため最近は、相手の気持ちを察して動けるコミュニケーション力の高い人や、社会人として当然のマナーが身についている人が、周りから一目おかれる時代になっています。

相手を喜ばせるもてなしがサラリとできる人は、仕事でも取引先との交渉がうまく、「デキる人」と認識されます。おいしいお茶を淹れられるということも「もてなし上手」の一つの要素というわけです。

では、冒頭のお茶の淹れ方は、一体、どこがまずかったのでしょうか。はじめに「相手に一目おかれるお茶の淹れ方」を知って頂いた上で、NGだった点を解説していきましょう。