photo by iStock
医療・健康・食

食事を変えずトレーニングもせず、体重8kgウエスト6cm減らす方法

腰を30秒フリフリひねるだけ!

「30秒~1分体をひねるだけで、1ヵ月半で8キロやせた!」 自身もダイエット成功者で、あまたのダイエット法を知り尽くす辛口美容ライターが、噂のエクササイズ『フリパラツイスト』を検証。本当に効果があるのか? そして3週間試してみたその結果は?

リンパ液の溜まり場を刺激

45歳で35キロのダイエットに成功した私。

6年経つ今もリバウンドせず、普通体型を維持しているけれど、年齢的にどうしても、お腹周りや二の腕にしぶとくついているいや〜な脂肪が、なかなか取れない!

きちんと運動をすれば効果はあるのかもしれないけれど……なにせ「運動嫌いここに極まれり」というものぐさで、ジム通いなど絶対無理(以前一念発起して入会したジムは10年以上幽霊会員だった)

美容ライターとしてさまざまなエクササイズを取材してきて、毎回「きちんとやれば効果があるんだろうな〜」と思うのだけれど、所要時間が10分以上で、しかもステップがいろいろあったりすると、もう覚える気さえ起きない(ごめんなさい!)

そんなダメダメな私に思わぬ朗報が! なんと30秒その場でお腹をひねるだけで、お腹、脚、二の腕がみるみるやせる、というなんとも都合のいいエクササイズがあるとのこと。

考案した高橋義人さんは、オリンピックアスリートや夏木マリさん、土屋アンナさんなど有名芸能人が絶大な信頼を寄せるカリスマトレーナー。

 

私も美容ライターのはしくれ、”簡単に部分やせはできない”と、これまでさんざん取材したドクターに聞いていたので、最初はかなり怪しんでいた。

「まずはやってみましょう」と30秒試してみたらこれがキツイ! 体の中からカーッと熱くなってきて汗ばみ、数十メートルダッシュしたときのようにみぞおちあたりがキューッと痛くなってきて、30秒でへとへとに。

そして計測したら、ふくらはぎが0.5センチ細くなっていた!

「こ、これって何なんですか?」
「実は、この動きで乳び槽というリンパ節の“親玉”を刺激しているんです」
「乳び槽??」

私も初めて聞いたこの言葉、みぞおちの近くのリンパ管にある体内最大のリンパ液のタンクのようなもので、リンパ液だけでなく食事で摂った脂肪も溜まり、乳白色の液体でいっぱいになるので、その名前がついたのだそう。

「リンパ管ということは、自分で動けないんですよね?」
「そうなんです。リンパを流すためには適度な刺激が必要なのですが、西園寺さんのように猫背でデスクワークが多い人は、乳び槽を圧迫するので溜まったリンパ液が流れにくくなり、むくみ、血行不良、冷えにつながり、脂肪が燃えにくい体になる、つまり脂肪がつきやすくなるんです」

ドキッ! 思い当たることばかり。

「乳び槽」はここ!

「乳び槽へのアプローチは、医学的にも注目されている最新の理論なんです。信州大学の研究室が、20分腹式呼吸して乳び槽を刺激すると免疫力があがる、という研究データを発表したんですよ」

「20分腹式呼吸……ズボラな私には続ける自信ないです」
「でしょう(笑)?それを30秒でできるようにしたのが、このフリパラツイスト。下半身を固定してお腹周りをスピーディにひねることで遠心力がかかり、乳び槽がポンプのように動き、一気にリンパ液を流していくんです」

「なるほど~。全身のリンパの流れがスムーズになると、余分な水分が排出されやすくなるから、むくみも取れて、ウエストや脚もサイズダウンできるわけですね。あと、かなり体も熱くなるので、脂肪燃焼効果もありそう」

「ダイエット効果はすごいですよ。僕も食事をほとんど変えずに、朝晩1分ずつ1ヵ月半やるだけで、8キロ痩せましたよ」
「え~私もやります!」