金融・投資・マーケット

2017年上半期のIPOマーケットを総括して見えてきたこと

バリエーションは3年ぶり上昇も…

ちょっと遅くなりましたが、今年も半分が過ぎました。今回は2017年上半期のIPOマーケットの総括をしてみたいと思います。

上半期新規上場社数は39社

過去10年のIPO社数とその年の大納会の日経平均終値をグラフにしました。2017年は6月30日終値現在です。

2007年の世界的なサブプライム問題の表面化によって、日経平均とIPO社数は下げに転じ、2008年のリーマンショックを機に日経平均が大きく下がるとともに、 2009年にはIPO社数は19社まで落ち込みました。

 

それ以降、日経平均は東日本大震災の影響を受けて低迷するも、IPO社数は7年連続で増加しましたが、昨年通期は上場社数が前年を下回りました。 さて、今年は上半期で39社が上場しており、昨年上期の40社と同水準ですが、その規模、バリュエーションは3年ぶりに上昇に転じました。

このグラフを見るとIPOはやはりマーケット環境に大きく影響を受けると言ってよいでしょう。但しIPO社数はかつての150社を超える水準にはほど遠い状況です。

上半期の市場別のIPO社数は、マザーズが22社と全体の半数以上となっており、また昨年上期も25社と、近年マザーズ上場の傾向が強くなっています。また今年は札幌アンビシャスに2社のIPOがありました。 ダイレクトマーケティングのフュージョンと、IoTのエコモットいう発行体ですが、どちらも北海道に本社があり、主幹事は両方、岡三証券だったのが、興味深いです。

主幹事トップは野村14社

次に主幹事証券ですが、昨年上期野村3位だった野村が2年ぶりに14社でトップに返り咲きました。2位は大和とSBIが6社と同数です。特にSBIが一昨年上期4社、昨年上期5社、今年6社と着実に主幹事社数を伸ばしてきており、既にネット証券という位置付けでなく、通常の主幹事候補先として認識されて来ているようです。また、前述のとおり岡三が札幌アンビシャス銘柄2社を上場させています。