環境・エネルギー

「ムー大陸」の存在を本気で立証しようとする研究チームがいた!

この夏、発見される…かもしれません
佐野 貴司 プロフィール

極端なアイデアとしては、36億年前には現在と同じ体積の大陸が存在し、それからは大陸の体積変化はない、という案まである。つまり、大陸の成長史は、現在も解明されていない問題の一つなのである。

さて、ムー大陸伝説が一般の人々に興味を持たれている理由は、天変地異によって国が滅んだという悲劇が注目されるからであろう。優れた文明が大洪水に襲われて壊滅したという話は、人々の記憶に恐怖として強く残るからである。

 

実は、ムー大陸伝説で語られているような天変地異が地球の歴史において繰り返し起きている。原因として考えられてきたのは超巨大火山の噴火と巨大隕石の落下であり、本書の最終章ではこれらに関する解説も行っている。

この本はムー大陸伝説に興味のある中高生に読んでもらうために地質学の基礎から解説をしているが、大学で地質学を専攻している学生や理科の先生にも満足してもらえるように、最新の研究成果についても紹介している。ムー大陸伝説を通じて地質学に興味をもって頂ければ幸いである。

海に沈んだ大陸の謎

読書人の雑誌「本」2017年8月号より