〔PHOTO〕gettyimages
格差・貧困 EU

アフリカからの難民流入で、再び欧州諸国が「パンク寸前」!

たった一日で7000人が押し寄せる日も

難民ビジネスの実態

2015年、EUには、トルコ⇒ギリシャ⇒バルカン半島経由で、膨大な数の中東難民が入った(ドイツだけでも89万人)。翌16年、業を煮やしたバルカン半島の国々が次々と国境を閉鎖したため、このルートでやってくる中東難民は急激に減ったが、その代わりにアフリカ大陸から、大量のアフリカ難民が地中海を渡ってくるようになった。

アフリカ難民の多くはサハラ以南の出身で、信じられないような危険を冒してリビアに集結する。リビアは現在、EUを目指すアフリカ難民の巨大な中継地だ。ただし、ここからシチリアまでは300km以上あり、バルカンルートに比べると危険度は高い。

難民の出帆地ではすでに何年も前より、難民から有り金を巻き上げては、EUへの入国の手引きをする国際的な犯罪組織が暗躍している。リビアは現在ほぼ無政府状態なので、犯罪組織にとっても難民にとっても、理想的な環境だ。

難民は救命ベストをあてがわれ、モーター付の粗末なゴムボートで海に放り出される。もちろん、これで全航行ができるわけではない。リビアの領海を出た辺りで燃料切れとなる。そこで、持たされた衛星電話でSOSを出せば、誰かが助けに来てくれるという運びになっているらしい。

〔PHOTO〕gettyimages

ただ、ボートが沈んだり、SOSが受信されなかったりすると、難民は遭難する。今年になってからの溺死者と行方不明者は、すでに5000人近いといわれている。しかし、いくら危険でもアフリカ難民のEUを目指すモチベーションにはブレーキが掛からない。当然、難民ビジネスも空前の好景気だ。

現在、リビア沖を警備しているのは、リビア海軍、EU諸国よりなるフロンテックス(欧州対外国境管理協力機関)などだが、実は犯罪組織だけでなく、国際NGOの存在も事態を複雑にしている。

 

犯罪組織とNGOの「連係プレー」

Welt.deのオンラインニュース(7月13日付)によれば、リビア沖には現在、9つのNGO組織に属する12隻の船舶が展開中。ちなみに、そのうち6隻はドイツのNGOだ。

https://www.welt.de/politik/deutschland/article162394787/Rettungseinsaetze-vor-Libyen-muessen-auf-den-Pruefstand.html

NGOの船は、これ以上溺死者が増えないよう、難民ボートが公海へ出たところで待ち受け、救助しては直接イタリアへ運んでいる。夜は難民が迷わないように、サーチライトを点けて誘導しているという(もう1隻やはりNGOの船がいるが、彼らは助けた難民をリビアに戻す)。

このNGOの活動のおかげで、現在、犯罪組織は安心してどんどん難民を送り出せるため、両者の「連係プレー」が難民増加をもたらす結果となっている。それどころか、彼らが実際に連絡を取り合っているという疑いまで浮上した。