「美しい裸身」明治から日本人が撮りためた古写真の衝撃

肉体の向こうに薫る「文化」と「歴史」
週刊現代 プロフィール

写真の中の「変わったところ」「変わらないところ」

こうした写真は、当初は非常に貴重なものとして扱われていたのだが、多くの場合、時代が移り変わり、親の代から子へと受け継がれていく中で、次第に捨てられ、失われていった。まさに歴史の闇に葬られた存在なのだ。

だが、人間の根源的な欲求を素直に映したヌード写真だからこそ、その作品の中には、日本人が昔から持っている「変わらない関心事」や「時代とともに変わってきた生活習慣」が、ふんだんに盛り込まれている。

現代にも共通するのは、たとえば、日本男児が「何に」興奮してきたか、だ。

本記事のタイトル部分に使用している写真を見てほしい。この作品は、銭湯のような大浴場で湯浴みをする美女を写した一枚。強調されているのは、胸やその他の部分ではなく、白く細い首筋。つまり「うなじ」だ。

現在でも、女性の性的な魅力をあらわす部分として日本では重要視される場所のひとつだが、海外ではさほど男性の関心を引かないとされる。

うなじの美しさが日本でこれほど注目された背景には、この写真にあるように、日本髪を結った女性の髪形の文化があった可能性が指摘されている。

江戸時代から愛された「コスプレ」

他の写真では、桶を前にし、手で洗濯をしている最中の女性に、男性が興奮して挑みかかっているものもある。

「洗濯中」「井戸端で」「働いている女性に」男性が興奮するというシチュエーションは、実は江戸時代の風俗画、春画でも数多く描かれたモチーフだ。

伝統的な構図を写真で再現したことになるが、活動的な女性の生命力に日本の男性は惹かれたのだろうか。この文化は、現代でも「黒いストッキングのOL」や「スチュワーデス」「看護師」といった、働く女性のコスチュームに心ときめかせる男性が多いことに相通じている。

 

一方で、大きく変わったのは、やはり日本人の体型だ。明治・大正期の女性たちの身体には、女性らしい豊満さはあるものの、バストやヒップが大きく膨らむような現代的なスタイルのよさはない。

戦後になって食習慣が西洋化し、肉や乳製品を多く摂取するようになる以前、たんぱく質の供給源が魚介類や豆類中心だった時代の日本人が、どのような身体つきをしていたのかがよくわかる。

そして、戦後の作品も含めた膨大なヌードを集めている「鷲尾老人コレクション」をつぶさに見ていくと、そうした明治・大正から、昭和初期、戦中・戦後を経て、どのように日本女性の肉体が進化してきたか、系統だって見ることができるのだ。

「鷲尾老人コレクション」を提供してくれた遺族は、こう話す。

「こういうものを遺されても、恥ずかしくて、こっそり捨ててしまおうと考える人が多いと思います。でも、きっとそうやって、誰にも知られずに消えていってしまう文化や史料が、世の中にはたくさんあると思うんです。

このコレクションが世に出ることで、そうしたものを手にして困っている方々が、『ひょっとしてこれも、ただ捨てたらもったいないのかも』と気付いてもらえれば、本当に理想的だなと思います」

このコレクションが、日本の性風俗史を深く考える、ひとつのきっかけになるかもしれない。

『鷲尾老人コレクション』密かに話題となっている『鷲尾老人コレクション』