Photo by iStock
エンタメ 日本 音楽 英語

日本人なら誰もが知っているあの曲は、海を越えてカバーされていた

ギター、ジャズ…英語タイトルも面白い

なぜか聴くと長方形をイメージする曲

『荒城の月』という歌のオリジナル、つまり後年に山田耕筰が編曲したのではないほうは、Bマイナーの八小節で、僕はこのメロディからおなじかたちの長方形ふたつを想像する。子供の頃からそうだ。初めて聴いたときからではないか。

最初の四小節を聴いて思い浮かべるのは縦横比が十三対九ほどの長方形をひとつ、縦に置いたものだ。次の四小節は、おなじ長方形を横置きにして、最初の長方形に重ねたものだ。重ねた位置は縦に置いた長方形の下半分で、やや左にずれたところだ。

作曲者は瀧廉太郎だ。明治31年に始まった中学校唱歌への、作曲部門での公募に応募したものだ。明治34年に出版された『中学唱歌』に収録されている。応募したのではなく、依頼されて作曲したのだ、という説もある。

1891年(明治24年)、瀧廉太郎の父親が大分県直入郡の郡長となり、一家は竹田へ移住した。そこには岡城跡という城跡がある。『荒城の月』を作曲するにあたって、岡城跡が果たした役割は大きい、と瀧自身が語ったという。

作詞した土井晩翠は詩人としての位置を確立していたと同時に、仙台の旧制第二高等学校の教授をしていた。彼は依頼されて作詞したという。四番まである歌詞のなかで、仙台の青葉城は三番に色濃く影を落とし、第二高等学校の生徒だった頃に訪れた会津若松の鶴ケ城の思い出も、いくつもの言葉に実ったそうだ。以上、三つの城に、『荒城の月』の石碑がある。

『荒城の月』を聞く機会は、日常のなかにはあまりないようだ。ただし、思いがけないところにあるから、遭遇する機会がけっしてないわけではない。僕の場合は、なんらかの理由で買っておいたCDやLPのなかに、九通りの『荒城の月』を見つけた。その九通りを一度に聴いてみた。こういう体験はごく小さな非日常だろうか。

アメリカのギタリストとピアニストがカバー

チェット・アトキンスの『日本の詩』というCDの英語の題名は、Discover Japanという。日本語の題名のなかにある「詩」とは、かつては存在した日本、というような意味なのだろう。そしてそれは、1970年代の前半には、ディスカヴァーの対象だった。『浜辺の歌』『ゆりかごの唄』『里の秋』など十三曲のなかに『荒城の月』がある。

1965年のチェット・アトキンスは「ポップ&カントリーフェスティバル」というツアーに参加するために来日した。スキーター・デイヴィス、ザ・ブラウンズ、ハンク・ロックリンが同行したという。この日本ツアーはチェットにとっては良き体験だったようだが、日本の曲を知るための時間がなくて残念だった、と彼は語っている。

その思いを土台にして、この十三曲の『日本の詩』を彼は作った。「編曲ももちろんチェット自身によるものだそうです」とライナーにはある。十三曲ともたいへん良い。『荒城の月』では彼のギターの周囲に作られた雰囲気が、本当にチェットによる編曲の結果なのかどうか。

カーメン・キャヴァレロは幼い頃からピアノを学び、コンサート・ピアニストをめざす途中、ポピュラー音楽へと転じた。自分の楽団を最初に持ったのは1939年のことだった。『ショパンのポロネーズ』がヒットして、彼は広く知られることになった。

 

1955年のアメリカ映画『愛情物語』で、タイロン・パワーが演じたエディ・デューチンのピアノ演奏を担当したのが、カーメン・キャヴァレロだった。主題曲のTo Love Againは、『トゥ・ラヴ・アゲイン』としてある時期には完全に日本語でもあった。海を越えた果ての遠いはるかな夢だった。そしてその夢はいつもの日本の身辺には絶対になかった。To Love Againの原曲はショパンの『夜想曲第二番』だ。

カーメン・キャヴァレロは日本でも人気があった。その日本に初めての演奏旅行を試みたのは1962年だったという。『日本の詩情』というLPに収録された『荒城の月』はこの頃の録音だろう。これだけ音数が多いと爽快だ。そしてどの音も陽気で理にかなっている。チェット・アトキンスをいっぽうの極だとすると、カーメン・キャヴァレロはもういっぽうの極だ。