Photo by Getty Images

ミックスルールで那須川と対決!紀左衛門はアップセットを起こせるか

(那須川はRIZINに参戦し、MMA3連勝中だ)

日々、暑い。もう7月になっているのだ。早いもので今年も、もう半分を経過した。夏が終われば、秋、そして年末……そう、格闘技の季節が刻一刻と近づいている。
 
さて、今年の下半期の『RIZIN』大会スケジュールは次の通りだ。
▼7月30日(日)、さいたまスーパーアリーナ
▼10月15日(日)、マリンメッセ福岡
▼12月29日(金)、さいたまスーパーアリーナ
▼12月31日(日)、さいたまスーパーアリーナ

 
年末の2DAYSがイベントの集大成となるわけだが、そこに向けての7月、10月の大会も見逃せない。7月のさいたま大会で、『RIZINバンタム級(61キロ以下級)王座決定トーナメント』が、そして10月の福岡大会では、『RIZIN女子王座決定トーナメント』が開幕し、それらの決勝戦は、ともに大晦日に行われる。
 
半月後に迫っている7・30さいたま大会のカードは既に発表されている。
『RIZINバンタム級王座決定トーナメント』の”夏の陣”1回戦のカードは次の3試合。
 
石橋佳大(Duroジム=第6代修斗環太平洋バンタム級王者)vs.カリッド・タハ(ドイツ)
大塚隆史(T GRIP TOKYO=DEEPバンタム級王者)vs.アンソニー・バーチャック(米国)
堀口恭司(アメリカン・トップチーム)vs.所英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)

軽量級戦線の行方を占うワンマッチ

また、この他にも興味深いスペシャルマッチが並ぶ。70キロ契約で行なわれる北岡悟(ロータス世田谷)vs.矢地祐介(KRAZY BEE)も注目だが、それ以上に面白そうなのが、那須川天心(TARGET)vs.才賀紀左衛門(ME,WE)だ。この一戦は57キロ契約、RIZIN MIX特別ルールで行なわれることになる。
 
1ラウンド目はキックボクシングルール、2ラウンド目がMMAルール。試合時間はいずれも5分で、2ラウンド目が終了しても決着がつかなかった場合はドローとなる(ただし、試合途中にイエローカードの提示があった場合は、優勢勝ちが有り得る)。