Photo by GettyImages
ライフ 週刊現代 日本

知ってましたか? 歌舞伎界・梨園の「格付けと格差」

いちばん地位が高い「梨園の妻」は誰?

元をたどれば全員が親戚にもなりかねない狭くて濃い世界。けれども序列だけはかっちりと決まっている。家柄、血縁、実績が複雑に絡み合ったそのランキングを理解すると歌舞伎の趣も深まるはず。

市川團十郎は絶対的存在

「海老蔵さんが公演の座長でも、吉右衛門さんが出演していたら、『よろしくお願いします』と頭を下げて、相手を立てます。楽屋も吉右衛門さんが一番良い部屋を使うわけです。

家としての格に加えて、いままでの実績によって役者の立場は決まっており、その細かいあうんの呼吸ができている。そうでなければしょっちゅう揉め事がおこってしまうでしょう」(歌舞伎研究家・喜熨斗勝氏)

400年の歴史を誇る歌舞伎は、約300人の歌舞伎役者によって支えられている。彼らは30ほどの家(一門)に分かれており、家柄と役者には明確な格付けがある。

歌舞伎座で主役を演じることができるのは、格上の役者だけ。だが、外の世界から見ると、その格付けは分かりにくい。江戸時代からの伝統・格式があるうえ、家同士の結婚や養子縁組によって血縁関係は入り乱れ、ややこしすぎるからだ。

 

ではまず、現在の歌舞伎界の格付けはどうなっているのだろうか?

「市川宗家」という言葉が、メディアではよく取り上げられる。市川海老蔵(39歳)が家長を務める「成田屋」のことであり、もっとも権威がある家だ。

前出の喜熨斗氏が言う。

「歌舞伎の世界には、芸の善し悪しを判断する絶対的な基準がありません。ですから、結局、格付けをするときに使われる物差しは、その家が何年続いているかということ。

その点で市川團十郎の系譜である成田屋が一番格上ということになります。江戸時代にお客を集め、そのお客に喜ばれるような芸を見せるというスタイルを最初に始めたのが、市川團十郎だと言われています。

彼の芸にはそれまで見たこともないような華やかさ、力強さがあり、たちまち江戸中で評判になりました。これが歌舞伎の発祥であり、市川宗家と言われる所以です。私は『歌舞伎界の大黒柱』という言い方をしています」