ライフ

「燃え殻さん」って何者だ…?デビュー作が品切れ続々で話題

~フォロワー9万人から小説の世界へ

品切れ続出中

新人なのに、なぜ? 知らない人ならそう思うはず。でも、知ってる人なら「当然でしょ」と答えるはず。

新人作家・燃え殻氏のデビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、売れている。6月30日に発売されるや、amazonの順位は一気に総合14位まで上昇し、即品切れに。大型書店でも品切れ店が続出し、「発売即重版」が決まった。

燃え殻って、誰…?どんな小説なの…? 出版業界の内側からも、そんな声が聞こえてくる。

<もともとTwitterの世界で有名だった燃え殻さん。テレビの美術制作の会社で働く傍らつぶやくちょっと自虐的な内容が面白いと評判を呼び、フォロワー数は9万人超え。気がつけば、ウェブマガジンcakesで小説の連載が始まり、糸井重里さんらが絶賛。このたび、その連載をまとめたものが単行本になった。>(134字)

<今から17年前の東京で、寂しい心と体を寄り添わせ、いつまでも覚めない“夢”のような日々を送っていた「ボク」と彼女。43歳になり、なおも都心を彷徨い、満員電車に揺られるボクは、フェイスブックで彼女を見つけ、思わず「友達申請」をしてしまう――。>(118字)

燃え殻氏と小説の内容について、140字以内で紹介するならこんな感じだ。でも、それでは乱暴すぎる。もっと燃え殻さんについて知りたい。燃え殻とは誰なのか。Twitter界の人気者となったきっかけはなんだったのか。なぜ小説を書くにいたったのか。つぶやきの100倍、トータル1万4000字のインタビューをお届けする。

なぜにフォロワー9万人

――燃え殻さん、お久しぶりです。今日は私、現代ビジネスの阪上と、フリーライターの宮田文久さんの二人で、燃え殻さんのお話を聞きたいと思います。燃え殻さんとお会いするのは、2015年3月19日に後楽園ホールで行われた安生洋二の引退試合以来ですかね?

燃え殻 あれ、そんなに前になりますか…!? あの時は、作家の樋口毅宏さんや、現代ビジネスにも寄稿されている細田マサシさんも一緒でしたね。

――当時はまだ、cakesでの連載も始まっていませんでしたし、燃え殻さんがまさか小説を書かれるとは思ってもいませんでした。『ボクたちはみんな大人になれなかった』、発売直後から大反響ですね。

燃え殻 ネットで品切れになったり、書店で平積みされていたり…いまだに信じられない気分です。

――燃え殻さんと出会ってから、燃え殻さんのツイッターをチェックするようになったんですが、まず、9万人もフォロワーがいることに驚きました。そして突然cakesで連載が始まることが告知され、その小説が公開されるや糸井重里さんや堀江貴文さんらが絶賛。気づいたら単行本になって、しかも売れている。これは平成最後のシンデレラストーリーじゃないかと。それで、今回は改めて「燃え殻現象」に迫りたいと思っています。

燃え殻 そんな大げさな……。

紀伊國屋書店さんも大プッシュ。いや、もうこれは現象と呼んでいいでしょ…

――いつ頃から燃え殻さんが「Twitter界の有名人」となったのか、なにがきっかけで小説を書くようになったのかを知りたいんですよ。

 

燃え殻 よろしくお願いします。まずはなぜTwitterを始めたか、ですよね。これはさらに遡って、僕の仕事について説明する必要があるかもしれません。

僕はこの15年間、テレビの美術制作をやっているんです。美術制作といえば聞こえはいいですが、テレビ局や番組会社からファックスなどで「番組で必要だから、こういうものを作ってほしい」という発注が来て、それを届けるだけの仕事なんです。だから、ほとんど誰にも会わない隔離された世界で、社員もほぼ同じメンバーなので、毎日に変化がない。

僕は下っ端だったので、テレビ局などに出来上がった製品の配達に行くんですが、行ったとしてもそこでお客さんと立ち話をするわけでもないんです。「お疲れ様です、さようなら」の一言で終わってしまう…。ちょっと“懲役”感さえあるようなところで生きてきました(笑)。

でも、僕がこの仕事を始めた時のテレビ業界の景気は本当に良くって。当時担当していた番組が、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』や『学校へ行こう!』、さらには『ガチンコ!』など、軒並み視聴率20%越えの人気番組ばかりで。

――おお、我々世代のど真ん中の番組ばかりですね。美術制作というのは、具体的にはどんなお仕事なんでしょうか。

燃え殻 たとえば「ガチンコ!ファイトクラブ」で、竹原慎二さんが誰かの胸ぐらを掴んだとき、「この後、一体どうなってしまうのか…!?」みたいな文字が流れてCMにいきますよね。あの、テロップをつくっていたんです。

――2期生の藤野が竹原に突っかかっていった時の、「この後、とんでもない展開が!」という、アレをつくっていらしたんですね。

燃え殻 あのテロップを、うちの会社は一枚500円で作っていました。もともとは一枚2000円もしたものなんですが、うちの社長が新型のマッキントッシュを駆使して、500円にまでコストダウンしたんです。価格破壊を起こした「イノベーター」だったんですね。それで、テレビ局から「あそこは安いぞ」ということで、たくさん受注が入るようになった。いわば、「テロップバブル」が起きていたんですね。

――そうしたエピソードは、『ボクたち』の作中にも出て来ていましたね。

燃え殻 テロップをめぐる業界の話はすべて事実に基づいています。ただ、ご承知の通り、テロップを使いすぎだという視聴者からの意見が多くなって、テレビ局が自粛するようになったから、バブルもそんなに長くは続かなかったんです。加えて、ここでは言えないような取引先とのトラブルも重なり、うちの会社の売上が2億円くらい落ちてしまって(笑)。

これはもうヤバいとなったんですが、それまで仕事に困ることがなかったから、社員の誰も営業をしたことがなかったんですよ。

それで、これはいよいようちの会社も「営業」というものを始めなければいけないようだ…となったんですが、今度はテレビ業界全体が下り坂になっていってしまった。2002年から2004年くらいにかけてでしょうか。その直前の時期のエピソードも小説の中にデフォルメしながら書いたんですが、某テレビ局が、豪華ホテルで大々的に打ち上げを開いたんですね。

――受付で来場者一人一人にMDプレイヤーが配られた、というエピソードが書かれていましたね(笑)。

燃え殻 そうなんですよ。名前を書くと、全員に「どうぞ」とソニーのMDプレイヤーが配られて、「マジかよ」みたいな(笑)。しかも、宴会のなかで行われるビンゴ大会も、全員が絶対に当たるようになっているんです。