〔PHOTO〕iStock
野球

パ・リーグ「壮絶な首位攻防」楽天とソフトバンクの命運を分けるもの

それにしても、大谷は…?

サンフレッチェ広島のサッカーが好きだった。特に日本一に輝き、クラブワールドカップで準決勝まで勝ち進み、あのリバープレートに0-1で惜敗した2015年のサンフレッチェが……。この年は、森保一監督(当時)の思想がフィールド全体に表現されているような、鮮やかなサッカーだった。

自陣から細かくボールをつないで、ゆっくりビルドアップをする。と思いきや一発で前線に送って、FWドウグラスが反応する。ドウグラスがだめなら、快足FW・浅野琢磨が相手ディフェンダーをスピードで置き去りにしてゴール。

堅守速攻。試合ごとに見惚れていた。

 

ところが、盛者必衰、今季は大きくつまずいて、2勝11敗4分け(7月5日現在)。降格圏内に沈んで、ついに森保監督の辞任が発表された。

あれだけ見事なサッカーを構築した名監督なのに、それが崩れるのに半年もかからない。世は無常である。もちろん、ドウグラス、ピーター・ウタカ、佐藤寿人、浅野ら優れたFWが相次いで移籍したという、資金力に限りのあるクラブゆえの理由も大きい。

個人的には、DF佐々木翔の相次ぐケガによる離脱(2016年4試合、2017年出場なし)が痛かったと思う。守備固めに出るような地味な選手だが、彼の厳しい守備と反転攻勢は、2015年には、森保監督の戦略をフィールドで表現するための、大きなポイントとなっていた。

思わず、ここまでサッカーの話をしてきましたが、本来のプロ野球の話題に移りましょう。

サンフレッチェはここ5年で3度の優勝を飾ったが、プロ野球の世界でそれと同等あるいはそれ以上の常勝ぶりを示しているのが、福岡ソフトバンクだ。今年も当然優勝かと思いきや、開幕してみると、なんと東北楽天が首位を快走した。

今季の楽天打線の象徴は、2番のカルロス・ペゲーロである。2番打者の常識的なイメージとはまるで異なる巨漢の左打者が、バントなんか100%しない、といわんばかりにホームランを量産する。打線に関しては、「2番打者最強説」という、根強い伝説があるが、梨田昌孝監督の、この説に乗ったような采配が的中した。

6月30日からのソフトバンク-楽天の首位攻防3連戦は、実に面白かった。それはスコアを見ただけでもわかる。

6月30日 4-3
7月1日 9-10
7月2日 4-5

ごらんのとおり、すべて1点差である。ソフトバンクがかろうじて勝ち越した。この勝ち越しのおかげで、ソフトバンクは2位ながら、ゲーム差は逆に-0.5差と、事実上、首位に並んだ。