医療・健康・食 ライフ 週刊現代

「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者

体験者たちが語る無念の実例
週刊現代 プロフィール

あの医者じゃなかったら

がんは、数ヵ月発見の時期が遅れただけで患者の運命が大きく左右される病気だ。だからこそ患者は、医師はがんを真剣に見つけてくれるだろう、見逃すことなどないだろうと信じてしまう。

しかし、そうした患者の不安をよそに、流れ作業のように診察を行って検査結果を見落としてしまう医師や、十分な検査さえしない医師もいる。

関西に暮らす30代の女性も、乳がんを見落とされた患者のひとりだ。女性が述懐する。

「妊娠していた数年前の春、右乳房にしこりができ、病院に行ったのですが、先生からは『乳腺炎か乳がんかわからない。とりあえず大丈夫でしょう』と家に帰されました。

6月、母乳に血が混じるようになり、再び同じ先生に相談しましたが、やはり『様子を見ましょう』と言われた。

その後も大丈夫と言われ続けたのですが、さすがに心配になって、紹介状を書いてもらった。

紹介先の病院で検査をしたところ、がんだと告知された。『人生は終わりだ』と告げられたようなショックでした。

その後、右乳房の全摘出手術を行い、現在はホルモン療法で経過を観察しています。最初の医師が別の人だったらという後悔はぬぐえません」

Photo by iStock

かつてWBAミドル級王者だった元プロボクサーの竹原慎二さんもまた、医師の言うことを素直に受け止めたがゆえに、膀胱がんを進行させてしまった。竹原さんが語る。

「'13年1月、頻尿がひどいので、知り合いのA先生の検査を受けました。当初は膀胱炎と診断され、抗生物質をもらいましたが、改善しない。再び診察を受けたけれど、『チャンピオンはお酒を飲むからだよ』と薬を渡されるだけでした」

ところが、およそ1年後の同年の大晦日、異変が起きる。便器を真っ赤に染める血尿が出たのだ。

竹原さんはA医師に総合病院の泌尿器科医・B医師を紹介してもらい、'14年1月6日、血液検査、尿細胞診などを受けた。

 

見落としが4割も

しかし、その結果はいくら待っても告げられない。1ヵ月ほど経った同年2月2日、再び大量の血尿が出たため、竹原さんはB医師に再診を頼んだ。翌日、診察室を訪れると、がんであることを告げられた。

「B医師は、1ヵ月前の検査結果を眺めながら『よく調べたら、がんの数値が出ていた』と言ったんです。

当時は何も考えられませんでしたが、いま考えると、ふざけるなと思います。結果は、少なくとも1月の中旬には出ていたのに、B医師はそれに目を通していなかったんです。

その病院では、毎日大量の患者を診るから、いちいち結果を確認していなかったのだと思う。僕が痛みを我慢していたり、血尿が出ていなかったら、がんの発見はもっと遅れていたはずです。それを考えるとおそろしい」

検査手術を受けた竹原さんは、B医師に膀胱の全摘出を勧められる。竹原さんがA医師に、全摘出になったらどうなるのか、と問うと、彼は謝ることもなく、「チャンピオンは十分遊んだから(性的不能になっても)大丈夫だよ」とズレた返答をしただけだった。

「振り返っても、あまりの無責任さに腸が煮えくり返ります。そもそも彼がろくな診察をしなかったからこうなったのです。その後、セカンドオピニオンを受けに北関東の病院に行き、『もっと早く検査をしていたら全摘出の必要はなかった』と言われて、落ち込みました」

最終的に竹原さんは、東大病院にかかり、膀胱の全摘出手術を行って無事成功。その後、再発もしていない。しかし、たくさんの後悔がある。

「A先生が1年間くらい放置していた時に、もっと自分で調べて病院を変えていればよかった、と強く思います。周囲からは、明らかにおかしいと言われていたのですが。

がんの経験を通してわかりましたが、人間は追い込まれた時、『大丈夫』と言われると、その可能性を信じてしまいます。医師には最悪のケースを想定してほしい」