Photo by GettyImages
不正・事件・犯罪 エンタメ 現代新書 日本

江戸時代、不倫は文字通り「命がけ」の沙汰だった

妻は殺され、相手も殺され…てホント?

不倫をしたら死罪だった

かつて「不倫は文化」と豪語した芸能人がいましたが、不倫(不貞行為)は、法的には相手の配偶者に慰謝料を払う義務が生じる違法行為です。

誤解があるかもしれませんが、ドラマなどでは妻子のいる男性が、不倫相手の独身女性から「奥さんにバラされたくなければ慰謝料を払って」と脅される場面がありますが、不倫が発覚した場合(男性が自分は独身だと嘘を言っているなどの過失がなければ)、「家庭を壊した」慰謝料を払わなければならないのは女性の方なのだそうです。

昔の日本もこの考えは共通で、厳しい処罰が下されていました。現在、不倫や浮気と呼ばれている行為は江戸時代、「不義密通」と呼ばれていました。

しかも、婚姻関係にある相手以外と性的関係を結ぶ行為すべてを不義密通というので、厳密に言えば独身の男女もこれに該当するのですが、本稿では便宜上、既婚者に限ることにします。

 

さて、不倫に対する処罰ですが、江戸幕府の定めた「御定書百箇条」には「密通いたし候妻、死罪」とあり、「密通の男」(不倫相手)も死刑とされていました。

さらにスゴいのは、浮気された夫は、妻とその相手を殺しても「構い無し(罪を問わない)」と、私刑(リンチ)を許していることです。

実際、その事例も古記録には散見されます。寛政の改革で知られる松平定信の家臣だった水野為長が世間の噂や情報を書きとめた『よしの冊子』からいくつか紹介しましょう。
 

Photo by iStock

赤坂の前沢藤十郎の長屋を借りている妻が、太鼓の師匠と姦通していたところ見つけた夫が、その場で二人を「手際克切殺(手際よく斬り殺した)」というエピソードが紹介されています。「手際よく」というニュアンスから、為長はこれを称えていることが感じられますね。

こんな話もありました。江戸の小石川近くに住むある御家人は昨年結婚しましたが、やがて妻が独身の頃からつきあっていた男が自宅に密かに出入りするようになったので、御家人は妻を実家へ帰しました。

その後、離婚の準備をすすめている最中、御家人が妻の実家へ行くと、なんと例の元カレが「妻と戯レ居候(いちゃついているではないか)」。これに激高した御家人は、即座に妻を抜き打ちにして殺害。

すると、元カレはその場から逃走しました。騒ぎに気づいた妻の父が現場を見て叫び声を上げたので、御家人は義父までも斬り殺してしまいます。

この噂を知った為長は、父親まで殺したことに対し、「是はお仕置むづかりかろうふ(これは、どう御家人を裁くか難しいだろう)」と感想を漏らしています。これから推察するとこの御家人は罪に問われることになるのでしょう。