Photo by iStock
金融・投資・マーケット

投機家の「野性」が動かす仮想通貨にご用心

恐るべき「フラッシュ・クラッシュ」

仮想通貨は投資に適さず

今、個人投資家の間で、ビットコインをはじめとする”仮想通貨”への注目が高まっている。仮想通貨とは、インターネット空間で取引される通貨をいう。一般的には、政府の規制を受けていない。それは、仮想通貨の価値が不安定であることの一つの理由と考えられる。

今年初以降、金融市場で価格変動性=ボラティリティの低下が続く中、値動きの荒っぽい仮想通貨市場に手を出す個人投資家は増えてきた。世界全体で株式や為替など金融市場の膠着感が高まる中、ダイナミックな仮想通貨の値動きに魅了される人は多かった。

だが仮想通貨には、無視できない重大なデメリットがある。

 

最大のデメリットは、円のような法定通貨と異なり、常にその価値が不安定な可能性があるということだ。価値が不安定であるために、ほしい人が売りたい人よりも多ければ価値は上昇する。その逆も然りであり、売りたい人が多いと価値は下落する。取引に関する規制も少なく、”投機”の対象となりやすい。

リスクを回避するはずの投資家たちが……

一方、仮想通貨には便利な面もある。送金にかかるコストが低いことは重要だ。国内でもビットコインで食事や買い物ができる店舗が増えている。また、取引時の匿名性の保持をメリットと考える人もいるだろう。特に、新興国では自国通貨を仮想通貨に替え、その上でドルなどの先進国通貨に乗り換えようとする動きが増えている。それが、仮想通貨への需要を高めている。

足元の状況を総括すると、価値の不安定性が投機熱を高め、仮想通貨市場への注目が高まっている。ビットコインの対ドル交換レートは年初から3倍上昇した。これはバブルだ。相場の高騰に一抹の危なっかしさを覚える人も多いだろう。それでも、仮想通貨への熱狂は高まっているように見える。

伝統的な経済学の理論では、投資家はリスク回避的な存在であると考えられてきた。しかし、これは必ずしも適切とは言いづらい。”ミセス・ワタナベ”と呼ばれるほど、わが国の個人投資家は、外国為替相場で無視できない存在感を発揮している。株や債券などに比べて為替相場のリスクが高い傾向にあることを考えると、投資家の中にはリスクを好むものも相当数いるはずだ。