雑誌
MBAより価値ある「会員制」 松岡正剛が
私塾で若手リーダーに教えていること 

ハイパーコーポレートユニバーシティ「AIDA」 

 ビジネスパーソンをターゲットに、連日のように勉強会やセミナーが開催されている。そんな中で異彩を放つのは、カリスマ的人物が少人数を対象に、非公開で行う「私塾」の存在だ。限られたメンバーだけに許された、特別授業の中身とは?

「これまでいろんな場所で多くのことを学んできたつもりでしたが、自分のものの見方の偏りや無知を、圧倒的に思い知らされる場でした。でも、それを改めて認識できただけでも、大きな収穫だったと、心から感謝しています」

 こう語るのは、三菱商事からハーバードビジネススクールでMBAを取得後、マッキンゼーなどでキャリアを積んだヘッドハンター、プロノバ代表の岡島悦子氏。松岡正剛氏が主宰する「ハイパーコーポレートユニバーシティ」の参加者の一人だ。

 1970年代に伝説的雑誌『遊』を発刊、情報を独自のアプローチで"編集"する新しい知を提唱してきた松岡正剛氏。

 '09年10月からはJR東京駅前の丸善丸の内本店内に独自編集の本棚「松丸本舗」を開設、界隈のビジネスパーソンから高い支持を得ている。インターネット上の書評「千夜千冊」は20万ページビュー、300万アクセスに達し、文化・芸術分野のみならず、政財界にも心酔者が多い。

 そんな彼が、少数の経営幹部に向けて非公開の"私塾"を開いているらしい、という噂は数年前から聞こえていた。それが、今年第5期目を迎えた「ハイパーコーポレートユニバーシティ」だ。

 もともとは、三菱商事とリクルート、2社の経営幹部による、「次代の経営を担う若手に、ビジネスの現場では学べない教養を身につけさせたい。そのために、既存の幹部育成プログラムにはないものを作りたい」という思いから始まった。塾長を務める松岡氏はいう。

「両社は本当に熱心でした。僕に何を聞くべきか、1年もかけて、いろんな組み立てを進めてくれました」

「日本に失われた『間』の
文化を取り戻すことが必要です」

松岡正剛 まつおか・せいごう

1944年、京都生まれ。
編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。
著書は『知の編集工学』『世界と日本のまちがい』『日本という方法』『山水思想』『日本力』ほか多数。ウェブ上でブックナビゲーション「千夜千冊」を連載中。 
〔PHOTO〕中村將一