Photo by iStock
規制緩和・政策 政治政策 学校・教育 行政・自治体

加計騒動・やっぱり官邸より文科省の方がよっぽど「問題アリ」

トンデモ言い分・責任逃れを許していいのか

「告示」という奇妙なルール

加計学園問題がくすぶっている。真偽が定かでない文書問題とは別に、いくつかの論点については安倍晋三政権が今後、しっかり対応する必要がある。正すべきは文部科学省の専横と責任逃れの姿勢だ

まずは、文科省が獣医学部などの新設を「告示」で門前払いしている問題である。加計学園が愛媛県今治市に獣医学部を設置できるからといって、文科省のトンデモ規制が消えてなくなったわけではない。それはいまも残っている。

文科省が獣医学部の新設を告示で門前払いしていた事実は、「現代ビジネス」の同僚筆者である高橋洋一さんが繰り返し指摘してきたように、2016年9月16日の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)のヒアリング議事録で浮かび上がった(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_gijiyoushi_2.pdf)。

そこで、文科省の担当者は「(獣医学部の)設置等に係る認可基準という文部科学省の告示の第1条第4号で、獣医師の養成に係る大学等の設置もしくは主要定員増は除外されている」と説明している(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_shiryou_s_2_3.pdf)。

「除外されている」というのは「審査する以前で門前払いしている」という意味だ。私はそんな具合になっているとは知らなかった。それも獣医学部だけではない。歯科医師と船舶職員を養成する大学、それに医師を養成する大学、つまり医学部も同様なのだ。

 

告示の名称は「大学、大学院、短期大学及び高等専門学校の設置等に係る認可の基準」である。これだけ読めば「これこれの条件を満たせば認可する、満たさなければ認可しない」という話かと思ってしまう。

ところが獣医学部や歯学部、医学部については、わざわざ別立てにしていて、最初から認可対象にしていない。なぜそうなのか、理由も説明していない。おそらく、ほとんどの読者も知らないだろう。これこそが大学設置をめぐる許認可行政の真の問題と私は思う

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら