医療・健康・食

糖質制限ダイエットでは、日本人は痩せられなかった

結局リバウンドしてしまうあなたへ

その「糖質制限」、まだ続けますか? 近年、ダイエットと言えば、糖質制限がブーム。ごはんやパンなどはすべてダメ、ささみとサラダをもくもくと食べる――そんな我慢ばかりのダイエットは、当然、辛い。ダイエット=辛い=また失敗する。そんなイメージを持っている人におすすめしたいのが「トリプトファンダイエット」です。

ダイエットのストレスで太る

ダイエットが失敗する3大理由は、

①空腹感ストレス
②栄養不足ストレス
③睡眠不足ストレス

と言われています。

空腹感ストレスは文字通り、食べられないことによるものです。栄養不足ストレスは、食べないことで脳に栄養がいかず、体調が悪くなることで起こるストレス。自律神経やホルモンバランスも狂い、メンタル面でも支障をきたします。

一見、ダイエットが原因とは思わないそれらの症状は、実は食べないことが原因の場合も。睡眠不足ストレスは、空腹で眠れないということだけを意味しません。

正しい栄養を摂らないと、睡眠のためのホルモンであるメラトニンを作ることができず、結果、不眠になってしまうのです。

トリプトファンでやせる!

現在、遺伝子研究が進み、日本人は不安遺伝子を持つ人の割合が世界一多い国民、ということがわかってきました(日本人は98.3%。ちなみにアメリカ人は67.7%)。

日本人は「ストレスをためやすく、悩みがちで落ち込みやすい」人が多いのです。食事制限のストレスからドカ食いに走り、自分を責めてはまたダイエットに挑戦し、失敗する……のは、不安遺伝子の影響もあるのです。あなたの意志の弱さだけではないのです。

そして、私たちは必ずしも“遺伝子の奴隷”ではありません。ではどうすればいいのでしょうか。その鍵を握るのが、トリプトファンです。

ダイエットを失敗に終わらせる要因、3大ストレスと不安遺伝子。これらの威力を抑えてくれるのが、“幸せホルモン”と言われるセロトニンです。感情を安定させ、イライラや不安感などマイナスの気持ちにならないように作用します。さらに、メラトニンという睡眠ホルモンに変わり、睡眠の質を高めます。

このセロトニンを作るのに必要なのが、必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」です。トリプトファンは、肉のたんぱく質に多く含まれます。一部の魚やチーズ、卵などにも含まれますが、圧倒的に多いのが肉。トリプトファン=肉がやせスイッチである理由です。