野球

巨人絶不調の一方で、米ヤンキースで重量打線が奇跡の復活!

シーズン史上最多本塁打記録更新も
(新星ジャッジは早くもスポーツ・イラストレイテッドの表紙に起用された)

メジャー屈指の名門ニューヨーク・ヤンキースが今季は好調だ。日本では田中将大投手のミステリアスな不振ばかりが特筆されているだろうが、実はチームは快進撃を継続中。6月14日の時点で38勝25敗という好成績で、アメリカン・リーグ東地区の首位を快走している。
 
昨オフに多くの主力選手を放出した後で、今季は我慢の年になるかと思われた。しかし、序盤戦のサプライズチームは、単なるサプライズで終わらない雰囲気を醸し出し始めている。躍進の最大の要因は、破壊力抜群のラインアップだ

センセーショナルな活躍を見せるジャッジ

「(ヤンキースは)良いチームだ。若手とベテランがうまく融合されているね。アーロン・ジャッジは攻守両面でとても印象的。そしてチーム全体が打撃好調だよ」

6月7、8日の2試合ではヤンキースに合計17得点を許したレッドソックスのジョン・ファレル監督もそう述べていた。ここでも真っ先に名前が挙がったジャッジは、すでにメジャー全体のセンセーションになりつつある。
 
身長201cm、体重128kgの大型外野手は、今季60試合終了時点で打率.341、22本塁打、49打点という見事な成績を残してきた。25歳にしてア・リーグの三冠王も狙える位置につけており、地元ニューヨークでも話題沸騰。「All Rise(みんな立ち上がれ)」のキャッチコピーとともに、ジャッジの打席が地元最大の呼び物となっている感がある。

(昨季53試合で20本塁打を打ったサンチェスは地元ファンの期待の星になった Photo By New York Yankees)

打ちまくっているのはジャッジだけでない。シーズンの約3分1を終えたところで、ブレッド・ガードナー(13本塁打)、マット・ホリデイ(13本)、スターリン・カストロ(12本)、ゲイリー・サンチェス(11本)、アーロン・ヒックス(10本)の5人も二桁本塁打。チーム全体でも60試合で102本塁打を放っており、この数字はもちろん30球団トップだ。
 
「僕たちは打てる球を見逃していない。投手に多くの球を投げさせ、甘い球が来たら弾き返している。チーム全体で相手にダメージを与えているんだ」

ジャッジがそう述べていた通り、パワーと才能に恵まれた主力打者たちの間に相乗効果が生まれている。辛抱強く球数を稼ぎ、好球必打。ラインアップのどこからでも長打が飛び出す破壊力は、ライバルチームには驚異に違いない。
 
最初の60試合の本塁打ペースを保てば、162試合換算で275本。球団史上最多記録(2012年の245本)を上回るだけでなく、メジャー史上最高の1997年のマリナーズの264本すら凌駕するペースとなっている。