社会保障・雇用・労働
霞ヶ関を飛び出した若手官僚二人が設立した「青山社中株式会社」
世界で戦える人材を育てるために

 30代半ばの2人の若手キャリア官僚が昨年秋、「霞が関」からスピンアウトし、シンクタンク「青山社中株式会社」(資本金700万円、本社・港区南青山)を設立した。主な事業は、「人づくり」「政策づくり」「組織づくり」。世界に誇れ、世界で戦える日本を創るための人材、政策、組織づくりを行っていくのが狙いだ。「亀山社中」を作った幕末の志士坂本龍馬の命日である11月15日に会社を設立したことと、会社の所在地を掛け合わせて、「青山社中」とした。

朝比奈一郎氏

 主要メンバーは3人。筆頭代表を務める経済産業省出身の朝比奈一郎氏と共同代表で元文部科学省の遠藤洋路氏のほか、社外パートナーとして現在は民間企業の役員を務めている元文部科学省の神谷学氏だ。朝比奈氏と遠藤氏は、03年に政治主導の仕組みを提言する若手官僚約10人が立ち上げた「プロジェクトK」の中心メンバーでもあった。

 朝比奈氏は「『霞が関』自体、成績が一向に上向かない『受験生』のようになっている。朝から晩まで頑張って働いても世の中は変わらない。やり方を変えたいとの思いから『プロジェクトK』を創設した」と話す。「プロジェクトK」で提案した「総合戦略本部」設置などの提案は、民主党政権の「国家戦略室」として実現した。しかし、官僚のままではどうしても言動に制約があるため、独立した。

魂に火をつける教育

 その朝比奈氏が塾頭となり、「青山社中リーダー塾」が5月21日から開講する。本稿のメインテーマはこれである。

「シンクタンクとして政策提言だけに力を入れるのではなく、アクトタンクとして現状打破して世の中を変えていく人材を育成したい。損得を無視して社会変革のために動けるような人材を養成するため、『魂に火をつける教育』を目指したい」。朝比奈氏は塾設立の趣旨をこう説明する。

 学問や知識は実行の中で検証されなければならないことを強く意識した吉田松陰が実践のための感化の場を与えた「松下村塾」、「少年よ大志を抱け」で知られるクラーク博士が指導した「札幌農学校」といった、幕末から明治にかけて新しい時代を創り出す人材を養成した塾や学校を運営にあたっての理想像に掲げている。

 開塾にあたり5つの大きな方針を示している。