翰林演芸芸術高等学校の本格的なスタジオが教室の実用音楽科。学校全体の男女比は4:6だが、バンドのクラスは男性が多い。photo by Yuka Kuwahata
メディア・マスコミ エンタメ 韓国

「韓国芸能高校」潜入ルポ~EXO、防弾少年団、TWICEらが卒業

写真満載!K-POPアイドル育成最前線

変わりつつあるK-POPアイドル育成システム

K-POPアイドルと机を並べて一緒に授業を受け、給食を食べながらおしゃべりをする。まるでキラキラ学園ドラマをリアル化したようなパラダイス――。

韓国にそんな「ドリーム・スクール」が実在する。K-POPのような現代音楽やダンスを専門に学ぶコースを擁する芸能高校だ。

防弾少年団防弾少年団 photo by gettyimages

双璧を成すのは、翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校とソウル公演芸術高等学校。両校の在学生や卒業生には、EXOやSHINee、CNBLUE、FTISLAND、防弾少年団、SEVENTEEN、GOT7、iKONなど、名だたるボーイズグループのメンバーがずらり。

ガールズループでは、人差し指と親指で泣いている顔文字「(T_T)」を作るTTポーズで女子中高生に大人気のTWICEのメンバー3人も翰林演芸芸術高等学校の出身だ。

TWICETWICE photo by gettyimages

シンクロ度の高いダンスや抜群の歌唱力で見る人を圧倒するK-POPアイドルたち。韓国のスター養成システムとして広く知られているのが「練習生制度」だ。オーディションやスカウトで芸能事務所に入った人は、練習生としてデビューまで平均5年間ともいわれる長く厳しいレッスンを受ける。

K-POPブームで競争がし烈化したことにより、デビュー年齢が低年齢化。中学生や高校生も多い練習生に対し、事務所は学校の授業終了後、毎日終電までヴォーカルレッスンやダンスの特訓を課す。いわば、デビューを目的とした事務所によるエリート養成ビジネスモデルだ。

 

対して、芸能高校は私立の学校法人だ。では、なぜ一般の高校が多くのスターを輩出することができるのだろうか? アイドルを生む独自の教育法、そして教育理念とは?

若手スターを青田買いできるかも!というトキメキと下心を抑えつつ……翰林演芸芸術高等学校とソウル公演芸術高等学校に直撃取材を行った。