スポーツプレミア

ボクシングファンは、村田諒太の「ゴロフキン戦」が観てみたい

「キラー村田」を見せてほしい

プロボクシングの判定を信用してはいけない。なぜならば、そこに明確な基準が定められていないからである。
 
ラウンド支配(主導権)、有効打、手数……ジャッジが、いずれを優先しても構わないというのが現状なのだ。つまり、客観性ではなく、ジャッジの主観が反映されるのが判定結果ということになる。フルラウンドを闘い終えたならば、どちらが勝者になっても何の不思議もない世界なのだ。
 
私は常々、思っている。最終ラウンド終了のゴングが打ち鳴らされた時点で両者がキャンバスの上で立っていたならば、その試合はドローである、と。
 
互いに倒せなかったのだ。その試合の内容を第三者に吟味させ、無理に勝者を決めることに、どれだけの意味があるのだろうか。

 

物議を醸した世界戦の判定

5月20日、東京・有明コロシアムで行われたWBA世界ミドル級王座決定戦、アッサン・エンダム(フランス)vs.村田諒太(帝拳)。この試合の判定は物議を醸した。
 
敢えて採点をするならば、試合の主導権を握り続けた村田の勝利を支持する。しかし、これまでの数々の世界戦を振り返れば、逆の見方もあり得ると思う。
 
村田はエンダムを倒しにいかねばならなかった。だが、チャンスがあったにもかかわらず、村田にはそれができなかった。

4ラウンド、村田は右ストレートをエンダムの顔面にヒットさせてダウンを奪った。場内は大いに沸く。KOのチャンスだ。
 
だが、村田の闘い方は、あまりにも消極的だった。