Photo by gettyimages
エンタメ

沢尻エリカ「別に」騒動を今振り返ると、日本社会の怖さにゾッとする

あのバッシングは何だったのか?

あれから10年

『母になる』は誘拐された息子と再び出会うドラマである。

日本テレビ系列、水曜10時。3歳で誘拐された息子と、9年後に出会ったが息子はまったく母のことを覚えていなかった。さて、どうなるのでしょう。

主演は沢尻エリカ。

ドラマの展開よりも、沢尻エリカが母役として自然に演技していることに、感慨を持ってしまう。

沢尻エリカはもう母になる年齢なのか。

彼女は1986年4月の生まれなので、31歳だ。

沢尻エリカが舞台挨拶で「べつに…」と言って不思議な騒動が起こったのは2007年のことである。

とても印象的だった。沢尻エリカの挨拶にも驚いたが、それより驚いたのはみんなの反応である。

日本中みんなで沢尻エリカに拒否反応を示した。ほぼ国民的な反応だった。え、そこまでみんなで反応するのか、とすごく驚いた。

もちろん沢尻エリカの態度は褒められたものではない。

主演映画のプロモーションのため舞台に立ち、コメントを求められるが自分から話そうとしなかった。主演女優を無言のままに帰すわけにはいかず、司会者が「思い入れのあるシーンはありますか」と聞いたら「特にありません」と答え、撮影中にクッキーを焼いて差し入れしたことについてその心情を聞かれて「べつに」と答えた。

プロモーションの場で大人がするような受け答えはない。

ただ、国民みんなで怒るようなことでもない。

でも国民全員で怒ったのだ。

 

実際に怒ったのは国民の4割というところだとおもうが、4割が怒って、3割が否定せずにスルーしたら、それでもう国民の総意が形成される。うちの国はいつもそうやって進んでいるのだ。私は怒っていなかった、と言ったところであまり意味がない。

とにかく異様な光景だった。他の国の人が見たらちょっと怖かったとおもう。

何となく、沢尻エリカはずっと「べつに」と言い続けてたような印象を持っているが、そんなことはない。一度だけだ。

手作りクッキーを差し入れてくれた、という監督のコメントを拾って、司会者がどういう気持ちだったんですかと聞いたので、「べつに」と答えた。黙ってスルーすればまだよかったのにとおもうが、そう答えた。その一度の発言がテレビで何回も放送され、いまでもインターネット上で見られる。

これが沢尻エリカのイメージとなった。

「べつに」が一人歩きして、彼女は悪と認定されたのである。