Photo by GettyImages
野球 週刊現代

名門再建を託された西武ライオンズ・辻監督の「苦悩と改革」

守備職人が、野球を変える

「常勝軍団」と呼ばれた西武が、昨季まで3年連続のBクラス。球団創設期以来の屈辱にチームの建て直しを託されたのは、かつて8度のゴールデングラブ賞に輝いた「最強の守備職人」だった。

不意に巡ってきたチャンス

リーグ優勝5回、日本一3回の名将・野村克也が講演で好んで使うフレーズがある。

「男で生まれてきて、なってみたいものは三つある。オーケストラの指揮者と連合艦隊の司令長官、そしてプロ野球(NPB)の監督だ」

選手としての優勝と監督としての優勝は、どちらがうれしいか。野村は「そんなもの比べ物にならない」と語ったものだ。

戦略を描き、戦術を駆使し、用兵に知恵を絞る。その挙げ句の優勝で得られるカタルシスこそは、野村の言葉を借りれば、「男の本懐」ということになる。

とはいえ、NPBにおける監督の椅子は、わずか12。現政権の大臣の椅子(19)より少ない。

なろうと思ってなれるものではない。選手やコーチ時代の実績はもちろん大事だが、それはあくまでも必要条件であって必要十分条件ではない。わずかばかりの運も要る。

Photo by iStock

今季から埼玉西武ライオンズの指揮を執っている辻発彦は、私見を述べれば、もう少し早く監督になってもよかった人物である。選手として10回(うち日本一7回)。

コーチとして3回(同2回)の優勝は、その実績だけを見れば、超の字のつく監督の有資格者だ。野球を知悉し、コーチになってからは選手育成に定評があった。日本代表が世界一となった'06年の第1回WBCでは内野守備・走塁コーチとして王貞治監督を支えた。

逆に言えば、だからこそ時の監督は有能なコーチである辻を手放したくなかったのである。

だが不意にチャンスは巡ってきた。昨秋、辻のケータイに一本の電話が入った。古巣西武の球団本部長からだった。

 

「監督をやってもらいたいんです」

「……とりあえず家に来てもらえませんか」

辻は中日の一軍作戦兼内野守備コーチをしていた。魅力的なオファーではあったが、まずは所属球団の許可を得なければならない。

当時のGMは、監督時代に自らを中日に招き入れた落合博満である。

「何の役で誘われたんだ?」

「監督です」

「だったら頑張れ。応援するよ。コーチなら出さないけど、監督なら話は別だ」

こうして辻は22年ぶりにライオンズのユニフォームに袖を通すことになった。