Photo by GettyImages
金融・投資・マーケット 経済・財政 週刊現代 アメリカ

気をつけろ!ジョージ・ソロスの「アメリカ売り」が始まった

米国株「6月暴落」説は本当か

「アメリカ・グレイト・アゲイン!」。トランプ大統領のそんな威勢のいい掛け声とは裏腹に、米国経済に不穏な兆しが出てきた。なにを察知したのか――。「投資の神様」が、真っ先に動き出した。

アマゾンの株も売った

1990年代前半にイギリス政府を相手に投資戦を挑み、完膚なきまでに打ち負かしたのは、いまも伝説のトレードとして語り草になっている。

「世界一の投資家」と言われるジョージ・ソロス氏の巨額のポンド売りに、買い向かったイングランド銀行は屈服した。

倒す相手が大きいほど、手に入れる儲けも大きく膨らむ。だから、ソロス氏は最も巨大な相手である国家に勝負を挑み、巨万の富を得てきた。

'97年にはタイ・バーツに売りを仕掛けると、タイ政府は耐えきれずに相場は急落。

これが引き金となってアジア通貨危機が勃発し、マレーシアの首相はソロス氏を「危機の元凶」と名指しで批判したほどである。

そんなソロス氏は、いまなお、マーケットの最前線に立つ。現在86歳だが高齢の衰えを見せるどころか、ここへきてみずからの投資キャリアの集大成を飾るような行動に出ている。

しかも、ソロス氏がいま立ち向かおうとしているのは過去最大の相手。ターゲットに見定めたのは、世界最大の経済大国――。

そう、アメリカだ。

「ソロス氏が率いるヘッジファンドであるソロス・ファンド・マネジメントが5月に米証券取引委員会に提出した報告書から判明したのですが、同ファンドがアメリカの代表的な株価指数であるS&P500に連動して価格が動くETF(上場投資信託)の『売りポジション』を増やしていることがわかりました。

具体的には、S&P500指数が下がるほど、つまりアメリカ株が暴落するほど儲かることになる『売る権利』を大量に買い増しているのです。その投資額は約3億ドル(約330億円)と巨額。ソロス氏は本気です」(在米ファンドマネージャー)

目下、アメリカ株は過去最高値を更新するほど絶好調。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの株式マーケットを相手に回して、ソロス氏は真っ向から「対決」を挑んでいる形といえる。

前出のファンドマネージャーが続ける。

「それだけではありません。ソロス・ファンド・マネジメントは、アメリカの小型株の値動きを示す代表的な指数ラッセル2000に連動するETFの『売る権利』も、大幅に買い増している。投資額はさらに大きく、実に4億6000万ドル(約500億円)。

つまり、ソロス氏は大型株から小型株にいたるまでアメリカ株全体が大きく下げると見て、『売り』を仕掛けている。昨年はアメリカ経済を代表するアマゾン・ドット・コムの株も大量保有していたが、これもすべて売り払っている」

 

アメリカの景気は絶好調で、その勢いはとどまることを知らない。だから、株価もさらに高値を目指して上がっていく。

いまアメリカの株式市場ではそんな「楽観論」が広がっているが、ソロス氏が見ている風景はそれとは真逆である。

アメリカの景気はそろそろ転落する。当然、マーケットで「過大評価」されているアメリカ株も早晩に大きく崩れる。だから、いま売りを仕掛けていた者だけが、最終的な「勝者」になれる――。