Photo by GettyImages
エンタメ

50年間、朝ドラを見てきた私が断言したい「『ひよっこ』はスゴい」

夢を追うだけが人生じゃない

50年、連続テレビ小説を見てきたが…

『ひよっこ』がいい。

NHK朝の連続テレビ小説である。

有村架純が主人公。彼女はいま、昭和40年を生きている。

これまでの連続テレビ小説とは少し違う。

彼女は何者でもなく、何も目指していない。

断然違うと言ってもいい。

何となく連続テレビ小説を見はじめて50年(自分で書いていてくらくらする)、録画するようになって30年(だいたい全話録画している)、これまで見てきた連続テレビ小説と、根本のところで違った作品だとおもう。

大雑把にいえば、これまでの連続テレビ小説は〝積み上げていくドラマ〟であったのに、今回の『ひよっこ』は〝失われたドラマ〟なのだ。

でも、哀しくはない。喪失の哀しみは描かれていない。そこがすごい。後半にかけて回復のドラマとなるかとおもうが、とにかくつねに喜びの物語になっている。

ひとことで言うなら、すばらしいドラマだ。

 

これまでのパターンとどこが違うか

連続テレビ小説では、元気な女性の半生が描かれることが多い。

主人公は最初、子供だったりする。1週目だけ子役が演じ、6話(土曜)になって学生時代のヒロインが登場する、というのがよくあるパターンだった。

ヒロインは迷いながらもやりたいことを見つけ、夢を抱き、目標に向かってがんばる。成功者をモデルにしているときは、少し失敗して、きちんと成功していく。

おしんは、見事に成り上がりました(1983年)。元気に前向きな彼女たちを見てみんなで元気になろう、というのが日本の了解事項だったようだ。

「おしん」の時代は、たしかにそういうロールモデルでよかったのだろうが、平成から21世紀に入ると、みんながみんな同調できるものではなくなる。

それでも〝元気な女性の成長物語〟は捨てられない。

『ひよっこ』のひとつ前の『べっぴんさん』はアパレルメーカーの創業女性社長の話だったし、次の『わろてんか』は吉本興業創業の話である。その次の作品も何だか似たような路線でいきそうな気配である(『半分、青い』)。

成功者の物語が続くなか、『ひよっこ』はあきらかに異質である。特異点である。静かに発火している。