スポーツプレミア

いまの巨人軍は、怒りを忘れてしまったのかもしれない

嗚呼、坂本に怒りの炎が宿るなら…

国文学者であり民俗学者、そして歌人・釈迢空として、独自の学問を築き上げた折口信夫は、「怒れる人」であったという。膨大かつ独創的な著作で今なお多くのファンを惹きつけてやまない折口の、そのような次第に着目した好著に木村純二『折口信夫-いきどほる心』(講談社→講談社学術文庫)がある。この本のオビの文句は「怒りを忘れた日本人へ」となっている。
 
最近、なにかと、この一句を思い出す。ま、私自身が「怒りを忘れた」人間になり果てているという、引け目があるのかもしれません。

たとえば政治の話にしろ、あるいは社会的な事件にせよ、世の中、なんでも座視してやりすごすような風潮がありませんか。これを1つの社会現象と考えると、当然ながら、その風潮は野球にも及ぶ。だから、時折、怒りの声があがると、はっと我に返ったような気がする。

思慮が足りないバッター

たとえば5月28日の巨人-広島戦。延長10回、3-2で広島が勝ち、対巨人戦7連勝を決めた試合である。
 
宮本慎也さんは怒っていた。シーンを2つあげている。巨人2点リードで迎えた5回裏1死二、三塁。打者・脇谷亮太は、高めのスライダーをセカンドフライ。もう1つは同じく2-0とリードした6回裏2死満塁で小林誠司。カウント3-1から外角ストレートをピッチャーゴロ。

 

追加点のチャンスをのがし、7回表にはブラッド・エルドレッドの2ランで同点となった。そして10回表に西川龍馬のタイムリーで勝ち越され、そのまま敗戦。いずれも、打者の思慮が足りない、というのだ。

<脇谷にしても、小林にしても、この内容で「必死だった」というのなら、あまりにも考えが浅すぎる。チャンスだから、思い切ってバットを振ったというだけに見えた。(略)あまりにレベルの低い、寂しい試合だった>(「日刊スポーツ」5月29日付)
 
怒ってますねえ。しかも本気で、カンカンに怒っている。そして、この「怒り」こそが、物事を動かす力を持つ、と思うのだ。たとえ、怒りの対象が、交流戦に入っていきなり東北楽天に3連敗で、とうとう7連敗(6月1日現在)を記録した泥沼の巨人軍だったとしても。
 
じつは少し不思議なのである。国民の過半数が巨人ファン、なんてことは、今時あり得ないのだろうけれども、それにしても、憤り、あきれ、批判する巨人ファンという人を、身の回りではまるで見かけない。巨人ファンは全員紳士なんでしょうか。まさかね。むしろ、政治問題や社会問題と同じように、みなさん、事態をやりすごして生きているのではないか。