Photo by gettyimages
歴史

真っ昼間から女を買いに奔走した、江戸のオトコの「本性」

ほんとに、男ってやつは…

当然値段も昼間のほうが高い

昼間からまばゆく輝くネオンサイン。ラブホテルや風俗店がハデな看板に「フリータイム」「特別料金」と謳い、それを見て、そそくさと入っていく人々―。どこの歓楽街でもありふれた光景だ。

日本史上最大の色街、というと、江戸時代の吉原遊郭をイメージする人は多いだろう。だが江戸には、公に認められた吉原のほかにも、岡場所と呼ばれる遊里があちこちにあった。岡場所は非合法だったが、実際には公然と営業していたのだ。

ここで驚くべきなのは、「四六見世」と呼ばれる岡場所の一般的な料金設定が、昼600文、夜400文だったことだ。夜よりも昼のほうが高かったのである。基本的に昼間のほうが風俗店やホテルの料金が安い現代とは、真逆の設定である。

実はこれには、江戸時代ならではのオトコの「性事情」がある。当時、多くの武士が参勤交代によって江戸に出てきていた。勤番武士と呼ばれる彼らの主な仕事は、江戸城に登城する藩主のお供について回ることだ。

 

およそ1年間、勤番武士は藩邸の長屋で窮屈な単身赴任生活を強いられる。するとやはり男の性、女性の肌が恋しくなり、やむにやまれず遊郭に赴くのである。

ただ、大名屋敷の門限は厳しく、表門は暮れ六ツ(だいたい日没)に閉じられる。もちろん供廻りをサボろうものなら殿が黙ってはいない。そのため、勤番武士が女郎買いできるのは、非番の日の昼間に限られていた。

また、大きな商店も奉公人として多くの独身の男を抱えていた。奉公人は商店に住み込むことが原則。だが勤番武士と同様、主人や番頭の目が光っているので、気軽に夜遊びはできない。そのため奉公人は昼間、商用で外出した機会を利用してこっそりと岡場所へ通っていた。

これらの事情から、岡場所の四六見世は、価格設定がお高めでも昼間からにぎわっていたのだ。

真っ昼間から妖しげな店に吸い込まれていく現代の人々にも、江戸の男たちのように、やむにやまれぬ事情があるのかもしれない。(嶋)

江戸の性事情

「週刊現代」2017年6月10日号より