〔PHOTO〕iStock
規制緩和・政策 政治政策

前川・前事務次官の記者会見は、官僚目線で見れば「大失敗」だった

致命的なミスがそこかしこに…

あの会見の「問題点」とは?

先週の本コラムでは「加計学園問題の本質は何か? このままでは政府の勝ちで終わるだろう 既得権維持派が何を言っても…」(http://gendai.ismedia.jp/list/serial/news_takahashi)と題して、加計学園の問題についての解説を書いた。

この問題の背景には、獣医学部新設を巡り、規制緩和(新規参入)と規制維持(新規参入阻止)の争いがあると指摘した。その一環として、政府を追及している民進党・玉木雄一郎議員が、新規参入阻止側の日本獣医師政治連盟から献金を受けており、その意見をもとに国会で質問していることを示唆した。

そうしたら、先週25日(木)、前川喜平・前文部科学事務次官が25日に記者会見を開き、「総理のご意向」などとする、文科省の(ものと言われる)文書を「本物だ」と発言した。

これに対して、民進党は大喜びし、文書を「スクープ」した朝日新聞をはじめとする一部のマスコミも、大変に盛り上がってさかんにこれを報道している。

しかし、筆者の目から見れば前川氏の会見は、元官僚とは思えないほどのアラが目立つものだった。そして、何よりこの会見によって、加計学園問題の本質は、やはり新規参入推進の内閣府と、新規参入阻止の文科省の争いであることがより明確になったといえる。

 

筆者の現時点の考えは、先週の本コラムで指摘した「森友学園問題と同じように、安倍政権へたいした影響を与えない可能性が高いだろう」というものとまったく変わっていない。まさに、加計学園問題は「第二の森友学園問題」であり、森友学園問題のように壮大な「空振り」で終わるだろう。

森友学園問題では、野党とマスコミは、近畿財務局の「大チョンボ」が原因であったことが明らかにもかかわらず(2017年4月3日付け「森友問題は結局、財務省の大チョンボ!? 3枚のメモから見えた真相」http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51362)総理の「関与」があったという前提で物事をみていたので、「空振り」になったのだ。

今回の加計学園問題でも、実はその構図は似ている。文科省が内閣府との交渉議論に負けただけなのに、野党とマスコミは、そこに総理の「意向」があるはずと思い込んでいるのだ。森友学園問題で空振りをした野党とマスコミは、まったく学習効果がないのだとあきれてしまった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら